このページでは、早稲田大学国際教養学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

目次

早稲田大学【国際教養学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 早稲田大学国際教養学部の合格をめざしている方
  • 早稲田大学国際教養学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 早稲田大学国際教養学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 早稲田大学国際教養学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • 早稲田大学で他学部の受験をお考えの方(早稲田大学の入試は、共通のカラーがあります)
  • マーチレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(早稲田大学国際教養学部は、英語長文問題の難しさでは最高峰です) etc

早稲田大学国際教養学部合格率アップのための最新情報

早稲田大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、早稲田大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの早稲田大学国際教養学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

例年、長文読解が二問、日本語要約が一問、自由英作文が一問出ます。

また、2018年は会話文の空欄補充問題が一題追加されました。。

長文は、1,500語を超え、長い場合は2000語に迫るほどの長さです。

かつ、すらすら読める文章でもなく、ところどころ意味・文法・構造把握に時間がかかるような文章です。

しかも、選択肢は数が多い問題では10以上もあります。

これらの解答の選択肢は、表現の差が微妙なものもあり、センター現代文を英語にしたような非常に難しい読解問題と言えます。

国際教養学部ならではの出題

問題文のテーマはあまり偏りがなく、広範な社会問題を様々な視点から考察するような内容です。

いわゆる「リベラルアーツ」と呼ばれるものです(リベラルアーツについてはウィキペディアの説明をご参照ください)。

ある意味、国際教養学部ならではの出題傾向と言えるかもしれません。

なぜなら、国際教養学部で勉強する内容こそが「リベラルアーツ」だからです。

とにかくたくさん読んで、考えて、自分の意見をまとめて書く。

このような“大量のインプット”“的確なアウトプット”が求められています。

入試英語では、国内最難関レベル

早稲田大学の国際教養学部の入試英語は、読解だけで言えば日本一難しいかもしれません。

国際教養学部ですので、いわば英語専門の学部と言っても過言ではありません。

それゆえ、全受験科目の合計200点満点中100点を英語が占めています。

ですので、それらを想定した英語力(例えば、英検準1級レベル)が求められると理解しておきましょう。

わかりづらいところは、文法・構造を把握し和訳しましょう。

それをくり返すことで、早く読めるようになります。

また早稲田大学は、他学部の英文もレベル的には似通っています。

ですので、国際教養学部をはじめ他学部の過去問を解くことも、効果的な英語入試対策になります。

ただし、一番難しいのが国際教養学部です。

「法学部」は、国際教養学部に比べて少しやさしめです。

また、文章は短いですが難解さでは「教育学部」がおすすめです。

英語は、入試最重要科目!

先にもお伝えしたとおり英語がウリの学部で、しかも早稲田大学ですので難関レベルです。

長文読解の他にも日本語要約・自由英作文が要求されます。

さらに、ここでは解説していませんが、50分程度のリスニング試験もあります。

ちなみに、英語は全受験科目の合計200点満点中100点を占める最重要科目です。

国際教養学部ですので、とりわけ英語が重視されるのは当然ですね。

その他、試験制度、配点や時間などについて早稲田大学入試センターの情報も参考になると思います。

過去問解説および解答のヒント

入試対策においては、早稲田大学国際教養学部の入試英語の過去問を解くことが有効です。

それによって、出題傾向をつかむことができ、入試問題に慣れることができます。

では、ここからは2018年の英語入試問題から過去にさかのぼって、問題の解説および解答のヒントをお伝えしたいと思います。

2018年:入試英語過去問

2018年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

Ⅰ 長文読解「文字媒体の発展」

①最後の一文:初期の所有者の一人は、手と人差指を描いて覚えるべき箇所を示した

(1)1I evocationー想起 2G 3K 4C 5E 6H 7F 8D 9B

(2)
A✖ー記述なし B〇ー②冒頭の文 C-③a scroll from papyrus reed D〇ー②3~4行目 E〇ー⑦died almost penniless F〇ー②It shaped the thought ~ G〇ー③From this first ~ H✖ー④Johann Fust I✖ー①The black print J〇ー⑤ K✖ー⑧MIT professor L〇ー②最後

(3)
1C 読解(lushー青々と茂った) 2E rectitudeー正直 3B(C) relentlessー容赦ない 4D meticulouslyー几帳面に 5E annoteー注釈をつける 6C 7D 読解(staunchー断固とした) 8D 9C-読解(gulpーがぶ飲み)

(4)E

Ⅱ 長文読解「カリフォルニア沿岸での原油流出」

下記“P”は「段落(=paragraph)」の意味です

P2 最後ー地面を突き刺して黒い血を噴出させた
P7 最後ー白いプラスチックのようなカモメがその上を旋回していた 

(1)数字は関連記述のある段落番号、✖は記述なし
1B✖-A1,C5,D6,E8 2E✖-A1,B1,C1,D3 3B✖-A3,C2,D2,E5 4C21-A3,B4,D17,E20 5B10-A12,C11,D12,E13 6D✖ーA~C20,E21 7A✖ーBCE20,D21 8C✖ーAE16,B23,D14 9B5-A23,C4,D13,E10 10B2ーA15,C6,D5,E8

(2)
A誤ー21 B誤ー4 C誤ー11 D正ー6 E誤ー7 F正ー7 G誤ー8 H誤ー18 I誤ー1 J正ー9 K正ー17 L正ー23 M誤ー✖

(3)1D 2B 3E 4E 5E 7D 8D 9D ※3,7,9の単語は覚えておきたい、残りは読解

Ⅲ 空欄補充ー会話文

(1)1C 2C 3A
(2)1Bーないよりマシ 2C 3D
(3)1E 2A 3A

Ⅳ 要約

他国籍をもつ日本人は、22才になるまでに以下のどちらかを選択する。

・他国籍を放棄し、その証明を得る
・その証明が得られないときは、日本国籍選択・他国籍放棄の宣誓をする。

これらの選択をしないときは、通知が送付され、一か月以内に日本国籍を選択しなければ日本国籍を失う。

政府は他国籍をもつ人の信頼できる記録がないから、わかっている人にだけこのルールを適用するのは公平ではない。

国籍放棄が難しい国もあるし、該当者の10%にしかこのルールに従う意思がないので、このルールは形骸化している。

V 自由英作文「video game をオリンピック種目とすべきか」

I agree that playing video games should be recognized as an Olympic sports.

Of course, Olympic is a sports competition, but it’s entertainment as well.

Even though it’s played only on the screen, it will do as an Olympic sport as long as it brings excitement to those who watch the games.

There might be so many people who would like to watch who is No.1 in the popular games like Super Mario, Pokemon and so on. 

2017年:入試英語過去問

2017年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

Ⅰ 長文読解「動物の保護色」

①lushー繁み ②temperateー温暖な 

(1)1F 2E 3I 4G 5K 6H 7D 8B 9L

(2)1D 2B 3HーOgdenは筆者のことです 4D

(3)A、C、F

(4)1E 2C 3C 4E 5C 6C 7C 8C ※2・4は単語の意味より文脈から推測します 

Ⅱ 長文読解「かつて栄えたアフリカの都市Benin」

P3 ditchー溝
P7 resideー住む columnー柱 industriousー勤勉な
P8 briberyー贈収賄
P9 underpinー支える
P13 rubーこする
P14 quartersーここでは「部屋」という意味です
P18 carvingー彫刻 pillarー柱
P19 exploitー功績、動詞だと「利用する」です  
P22 lootー略奪する
P26 discontentedー不満な

(1)
1C-A3,B4,C3,D2,E4 2A-P5 3E-P9 4D-P12・P13 5C-P17 6-P19・P20 7C-P27 8C-P1・P6・P19・P22

(2)
A-F・P1 B-T・P2 C-T・P5 D-F・記述なし E-T・P9 F-F・P11 G-F・記述なし H-T・P14 I-T・P17 J-F・P22 K-T・P22 L-T・P24

(3)1D 2B 3E 4C 5D 6D 7C 8A 9A 10B

archaeologyー考古学 dissolve-解消する resolveー解決する

Ⅲ 要約

水に対する権利は不可欠なものであり、水を飲む権利とそれが衛生的であることを意味している。

水は、個人であるいは家庭で利用可能なものでなくてはならない。また、適切な設備やサービスが近くになくてはならない。きれいな水が常に利用可能でなければならない。

健全な子供の成長にも水が必要であり、大人よりも必要性が高い。

安全な水と衛星は、子供の教育において重要である。それらが確保できないと子供は病気になり、教育の機会を失う。子供の出席率が上がれば、それは社会発展・経済発展に貢献する。

Ⅳ 自由英作文「糖分の多い飲料に課税すべきか」

I support a tax on sugary drinks.

Nowadays, there are so many kinds of sugary food and drinks. They are definitely a major contributor to health problems, so they should bear the cost for the medical treatment.  As Coca-Cola and Pepsi are the typical sugary drinks, they should be taxed.

On the other hand, there certainly is a practical problem of what is sugary. It’s meaningless if people simply moves to other equally sugary foods. It might be difficult to define the basis on which foods are taxed. However, it’s not a bad thing if it triggers the further discussion in detail.

2016年:入試英語過去問

2016年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

Ⅰ 長文読解「肥満は遺伝か環境か」

P2 identicalーここでは「同じ」
P5 fanfareーファンファーレ
P11 discernibleー識別できる
P14 exertionー行使・実行 sedentaryー座っている

(1)1E 2J 3I 4C 5A 6D 7F 8G

gene(遺伝子)をheritable materialで言い換えています。caesarean sectionー帝王切開、読解でわかります

(2)
A-F・15 B-F・11 C-T・7 D-F・4 E-T・13 F-T・6 G-F・15 H-T・5 I-T・5 J-T・2 K-T・17 L-F・14 M-T・16

(3)1D 2B 3B 4A 5D 6C 7Eー幼児肥満の専門家は筆者 8A 9Aー2010年なのでsmartpjones ではなく computers 10B

(4)E 

Ⅱ 長文読解「民話の地域差」

(1)1C 2F 3D 4B 5G 6A 7A 8H 9E 10C
(2)BFHJKM
(3)1B 2D 3D 4B 5D 6A 7D 8B 9A 10E

Ⅲ 要約「ユネスコ世界遺産」

ユネスコ世界遺産は、人類にとって顕著な普遍的価値を持つ遺産の場所を登録し、その数は1,000を超えた。

伝統的要因だけでなく、社会的経済的要因による衰退から文化的自然的遺産を守る考えのもとに、ユネスコ世界遺産は1972年に始まった。

貧しい国では、人口増加や世界的な観光ブームは政府の対応不足もあって、このような遺産に大きなダメージを与えているかもしれない。観光地を分散させるほうがでダメージを少なくできるかも知れない。

世界遺産を維持していくことは容易ではない。バランスある行動や地方外交、長期的関与が必要である。特に金儲けの障害になる、あるいは逆に手段になると考えられると遺産保護は難しくなる。

Ⅳ 自由英作文「中高一貫か中高分離か」

I prefer separate junior and senior high school.

First of all, we need variety in our experience. Going to different schools, we can meet different people under different circumstances. It can widen our scope of thinking and activity. 

When I was in my elementary school, I felt a bit bored as six years in the same school was too long for me. I need new experience. 

We can enjoy the right to choose high school. We can choose the environment for ourselves.

Diversity, variety and freedom to choose. Those are the great benefits of separate school system.

早稲田大学法学部:入試英語対策の重要ポイント!

すでに述べたように、読解は超長文といえる問題が二題出題、論説文が一題、小説的な内容が一題出題されます。

難しい単語もかなり混ざった英文がセンター現代文の長さで出てくるのには、はじめはビックリするかもしれません。

しかも、選択肢は特定部分をピンポイントについてきたり、選択肢もまぎらわしいものがあったりと本当にたいへんな内容です。

また、英作文も二問出題されるので、こちらの対策も必要です。

入試英語で、高得点を取るためには?

早稲田大学の国際教養学部は、アウトプット(記述)を数多く求められます。

読解に限れば、国内最難関です。

ですので、準1級レベルの英語力が欲しいところです。

ちなみに、私立大学の入試問題は「スペシャリスト型」だと、私は判断しています。

それぞれの学部に関する専門領域の問題が出題されるため、その分野の深い理解・知識が必要とされます。

それに対して、東大・京大などの国立難関校は「ゼネラリスト型」と判断しています。

求められる知識および出題が、広範囲に渡ります。

それを踏まえて、かつ早稲田大学の国際教養学部ですので、英語に限れば東大や京大よりも難易度は高いと言えます。

ですので、単語は準1級レベルまで全部覚える。

そして、出題傾向にあった2,000語程度の長い文章を読み込んで、早く正確に読み取る力を養うことが不可欠です。

他大学同系統学部の入試問題も参考になります

早稲田の法学部が一番似ているのでいい対策になりますが、それ以外にも他学部や他大学の同系統学部の問題も参考になります。

例えば「東京外国語大学」は、レベルは同じくらいですが文章が短く、そのかわりアウトプットが求められます(出題傾向は「ゼネラリスト型」ではあります)。

さらには「国際基督教大学(ICU)」はレベルが同じですが、時間も量も短くなっています(筆記は、ICUは60分。早稲田は85分)。

「慶応大学総合政策学部」は、早稲田ほどひねった問題はなく、記述・作文もありません。

そのかわり、問題数が多くなっています。

早稲田大学の国際教養学部を受験される方は、今挙げた東京外国語大学やICUを併願される方も多いかと思います。

しかし、出題傾向および形式は微妙に異なることを理解しておきましょう。

ですが、レベル的には似通っていますので上記大学および学部の過去問も、入試対策の一環として参考になると思います。

また、TOEFLも同様に有効です。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen (いいずな書店)
  • 一億人の英文法  (東進ブックス)
  • ジーニアス総合英語 (大修館)

Evergreenは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

どれも600~700ページある本ですが、内容は大きな差はないのでどれか一冊気に入ったものを選びましょう。

国際教養学部は読解中心となるため、これらの知識が直接問われるケースはないかもしれません。

ですが、正確な読解のためには不可欠な知識です。

まとめ:早稲田大学【国際教養部】英語入試過去問の解説

準1級合格レベルまで、英語力を引き上げる必要があります(英検2級では、やはり足りません)。

その後、早稲田他学部の過去問を解くことでレベルアップを図りましょう。

そして、国際教養学部の問題に挑戦することでステップアップできます。

また、問題の似ていますので早稲田法学部の過去問も解いてみてください。

先ほども紹介した、他学部や他大学同系統学部の過去問も有効な対策になります。

それから、リベラルアーツ的視点で書かれた本を、2,000語単位くらいで多読することも有効な対策です。

さらに高得点をめざす方へ:ご存知ですか?

上記を着実に取り組んでいただくことで、実力が高まり、今よりも高得点が期待できます。

ちなみに過去問は、同じ年の問題を(少し期間を空けて)くり返し解くことをお勧めしています。

ただ、解答“そのもの”を覚えないように、いくつか別の年や別の大学の過去問などを行なったあとで、再度チャレンジしてください。

「不正解」だった問題があった場合、つぎには正解できるように勉強しましょう。

その結果「苦手箇所」の克服ができ、当然、高得点につながります。

間違えてしまう「原因」を知っていますか?

しかし、ひと口に「不正解」と言っても、間違えてしまう原因には、個人差があることをご存知ですか?

私のこれまでの指導経験から申し上げますと、例えば長文読解において不正解になるケースというのは、おもに“つぎの3つ”が原因であることがほとんどです。

  • 文章を読み進めるうちに、以前の内容を忘れてしまう
  • 個々の単語はわかるけれど、文章・段落として何を言っているのかがわからない
  • 解答のスピードが遅いために、時間が足りなくなって解答できない問題がある、もしくはじっくりと考えて解答する余裕がない

このように、不正解になってしまう“原因”は、ひとりひとり異なります。

そして、原因が異なれば、同じ過去問を解くにしても、注意すべき点や取り組み方はひとりひとり異なります。

つまり、ひとりひとりの目的に沿ったうえで、過去問に取り組むことが、より高得点を取るためには大切な考え方および取り組み方だと言えます。

自分に合った受験勉強ができていますか?

複数の意味を持つ単語・熟語をどのくらい理解できているか?

また、同義語・反対語をどのくらい理解できているか?

こういったことも、やはりひとりひとり異なります。

さらには、大学・学部が異なれば要求される単語文法や読解の水準も異なります。

加えて、日本語要約や英作文が求められる大学もあります。

以上を踏まえると「自分の英語レベルや解答のクセなどを理解したうえで、効率的・効果的に勉強すること」が大切になります。

もしくは、別の言い方をすれば、早稲田大学国際教養学部の入試英語で高得点を取るために「自分に合った学習プラン」を確立すべきだと私は考えています。

私たちが勉強できる時間はかぎられています。

すでに決められた受験日に向けて、短期間で効率的なレベルアップをめざしたいものです。

短期間でレベルアップする方法

そこで、活用し役立てていただきたいのが「受験コーチ」の存在です。

あなたの学力や性格、資質を客観的に評価し、そのうえで目標達成に向けて「あなたに合った受験勉強」を、伴走するように寄り添ってサポートしてくれる“コーチ”のような存在は、あなたの英語レベルを短期間で強力に引き上げてくれるはずです。

スポーツの世界では、必ず「コーチ」がいますよね。

それは、チームスポーツであっても、個人スポーツであってもです。

そして、コーチの存在が、競技力および試合などでの結果に劇的な変化をもたらすことがあります(もちろん、望んだだ変化です)。

そういったケースを見るにつけ、私は受験勉強においても「コーチ」の存在が必要不可欠だと考えるようになりました。

入試で確実に高得点を取るためには?

これをご覧のあなたは、予備校や学校での集団授業、また参考書などで入試英語における“一般的な重要ポイント”はマスターしておられることと思います。

そのうえで、さらなる高得点をめざして大学学部別あるいは、あなたの状況に合わせた最適な入試英語対策ができるならば、きっとそれはあなたに心身の余裕と安心、さらには勉強への高いモチベーションを与えてくれることでしょう。

そしてそれが、入試で最適な実力を発揮できることにつながり、しいては高得点、さらには志望校合格という成果にまでつながると私は考えています。