このページでは、早稲田大学政経学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

目次

早稲田大学【政経学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 早稲田大学政経学部の合格をめざしている方
  • 早稲田大学政経学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 早稲田大学政経学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 早稲田大学政経学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • 早稲田大学で他学部の受験をお考えの方(早稲田大学の入試は、共通のカラーがあります)
  • マーチレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(早稲田政経は、本格派の英語長文問題です) etc

早稲田大学政経学部合格率アップのための最新情報

早稲田大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、早稲田大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの早稲田大学政経学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

早稲田大学政経学部の英語入試問題は、長年、出題形式が一定しています。

大問1〜5が出題され、それぞれの大問は以下の出題形式になっています。

  • 第一問:長文読解
  • 第二問:長文読解
  • 第三問:長文読解
  • 第四問:会話文空欄補充
  • 第五問:自分の意見を書く英作文

※ちなみに、各問の配点は公表されておりません

出題傾向(第一~三問)

第一~三問は、長文読解が出題されます。

単語数1,000~1,200語とけっこう長めです。

私大文系最難関レベルの単語力が求められます。

しかし、文章を読むことができれば正解する確率は必ず高まります。

なぜなら、正解選択肢の“根拠”は必ず問題文中にあるからです。

また、特徴的なのが「単語並び替え英作文」「文章並び替え段落作成」が出題されていることです。

こちらの問題は、難易度が高いのでしっかりと対策をしましょう。

そして、長文の内容ですが、政経学部の入試英語ですので「政治経済」に関するトピックや時事問題がよく出題されています。

読んで面白い、興味深い文章が多いです。

ちなみに、小説のような“芸術的”なトピックの問題はまず出ません。

出題傾向(第四問)

第四問は、会話文空欄補充が出題されます。

問題文は短めで、レベルも比較的やさしめです。

出題傾向(第五問)

第五問は、自分の意見を書く英作文です。

15分以内に、70~100語の英作文をこなす必要があります。

過去問解説および解答のヒント

入試対策においては、早稲田大学政経学部の入試英語の過去問を解くことが有効です。

それによって、出題傾向をつかむことができ、入試問題に慣れることができます。

では、ここからは2018年の英語入試問題から過去にさかのぼって、問題の解説および解答のヒントをお伝えしたいと思います。

2018年:早政経 入試英語過去問

2018年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解 「人工知能と雇用」

下記“P”は「段落(=paragraph)」の意味です

P2 false dawns ー 初期の試行錯誤段階 を意味した難しい表現ですが読めなくても解答には影響しません。
P3 最後から2つ目の文章 「移住者が足を踏み入れる前から火星の人口過剰を心配するようなものだ」です。
P6 took offーここでは「始まった」という意味です。 discontent across Europeーヨーロッパじゅうの不満
P7 complementー補完する
P8 personalizeー個人に合わせる
P9 matterー問題である・重要である
P11 yetーnot ~ yet「まだ~ない」ですが、yetだけだど「これから~」というニュアンスになります。

問1 c:根拠ーneural networks, modeled on the brain’s architecture (P2)
問2 b
問3 a:around the cornerーすぐそこ、over the edgeー気が変
問4 made it cheaper to open new branches
問5 d:根拠ーP8前半
問6 cbaーone scheme->such a scheme->a more practical approach
問7 bーP9

Ⅱ 長文読解「冷戦時代のメディアと政治」

P1 less respectable ー 俗っぽいというニュアンスです。 without ever going too far ー決していきすぎる(過激になる)ことなく
P3 nothing so much as は続く the ‘consumer-goods ethics’ を強調しています。 dismissーここでは「こき下ろす」引用文中で 「give 目的語 to 名詞」が「give to 名詞 目的語」で読みにくくなっています。
P6 went down so well with 「~とうまくいく」その語の文脈からもわかります。 of the dayー当時の pulled no punches ー 攻撃の手をひかなかった 
P7 I challenge ~ ー衝撃的結末までずっと観たあと安眠できるかは疑問だ 
P8 第一文ー世論調査で半数が第三次大戦を予期したが、冷戦の終結はその2~3年後だった。

問1 c:映画と小説の違い(P2)
問2 c:根拠ーdismissed as tastelessly materialistic(P3)
問3 d:P4は、読めるでしょう。
問4 c:P6こちらは、少し手ごわい表現があります。
問5 Britain had lived in fear of 問6 bac: meanwhile -> for example ->British music
問7 b: decide the outcome 結末を決定づけた、難しい表現ですが内容は最後の二段落の要約です。

Ⅲ 長文読解「インターネットの影響」

P1 hint atーほのめかす dreadー恐れる P2 echoーここでは「同じことを言う」 
P3 the goodー良さ send a sign of lifeー安否を知らせる
P4 honest self examination will doー正直に自分を振り返ればわかる

問1 b
問2 e
問3 them from memory centuries after they ー sang の後は、目的語(名詞)、were の前は主語(名詞) 
問4 e
問5 c
問6 bcaーここから筆者のタバコをやめてよかった話に展開していくのがヒントです。
問7 b less is necessary, and more is possibleーlessがmoreより大事だ、という意味です。

Ⅳ 会話文(休暇中知人にお付き合いしてたいへんだったという話)

問1 like no other place on earth
問2 e:ここでは、まだ本音を言っていないことを読み取りましょう。
問3 the great fun we could have -直前のofは、前置詞なので名詞がつづきます。
問4 a:ここでやっと本音が出ます。

Ⅴ 英作文(女性が要職に就く割合を定めた法律をつくるべきか?)

I agree with the statement. In a fair society, people should be treated equally regardless of gender and race.

Although Japan already has the laws and regulations which promote gender equality, we are still far behind compared with other advanced countries. They are certainly there, but not enough to achieve their aim.

In order to make it happen, it’s good idea to have quantitative goal clearly stated in a low. Needless to say, governments and big companies should play a leading role. (82 words)

2017年:早政経 入試英語過去問

2017年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解「生物多様性の維持」

P2 This makes prioritizing inevitable.これが優劣づけを不可避にしている(第四文型)
P3 high profileー注目をあびる
P7 分化した年数を多様性の基準とする方法を説明しており、読解のポイントです。
P10 長さで表した多様性を種の数で割って枝分かれしたところで合算してEDを算出する。
P14 humblingー控えめな

問1d P2mostー mammal ~ unprotected
問2b P3ーAs global warming~の一文、見つけにくい
問3badc dとcは似た内容なので、likewiseで始まるcが後になります。その前にfor a startのa。その前にcontentious「議論を呼ぶ」のbです。
問4b P6ー最後の一文
問5afc devised a way to measure diversity deviseー考案する
問6d P8-they tend to ~
問7d P11ー冒頭の文 本当はEDGE=EDxGEですが、他の選択肢が消去法で落ちます。

Ⅱ 長文読解ーケネディの世界平和に関するスピーチ

P2 earthlyーこの世の、俗世の spireー尖塔 aboundー富む
P10 persevereー辛抱する
P12 legislativeー立法の
P14 treatyー条約 abateー和らげる

問1c P2-those who perceive truth ~
問2 enforced on the world by American weapons ー by ~ があと
問3dbca d-b:such idle stockpiles, b-c:therefore, c-a:the pursuer
問4c a dangerous defeatist belief
問5d P8-on a series of ~ effective agreements  
問6b P9-9行目「互いの寛容さで共に生き、もめごとは公正かつ平和的な解決に従う」
問7d
問8a P7~9

Ⅲ 長文読解「幸せを測る指標」

P4 That’s it, folks.ー以上です、みなさん。 treadmillー踏み車、意味は前後文脈から推測できます
P5 optー選ぶ grossー大まかな  

問1 ranked by the happiness of their citizens ーbe動詞のあとは補語
問2a P5の内容
問3acdb a different approach -> some subjects -> such a subject -> it(human happiness)
問4d ここまで述べてきたマスコミの単純化を決して避難している訳ではないとP8では弁解しています。
問5b
問6 suggest moving away from the emphasis
問7b P14-If we want to be happy ~

Ⅳ 会話文空欄補充

問1 making him do what I say -前半が主文で主語述語あるためI, say, doは主語述語では使えません。
問2c
問3 give the opposite approach a chance ー第四文型SVOO
問4a 犬の訓練に必要な資質がない

Ⅴ 英作文(同性愛者の結婚は日本で合法化されるべきか?)

I agree with the statement.

One reason is that freedom of each citizen should be respected as long as it does not harm human rights of others. There’s no special reason to deny their freedom to marry and pursue happiness. It also means ability of our society to offer more choices to its citizens.

Another reason is that it’s also beneficial to our society as a whole. Accommodating diverse values and opinions makes us more open and rich society. I hope their uniqueness brings some positive value on our culture. (90 words)

2016年:早政経 入試英語過去問

2016年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解「母国語と習得した外国語の違い」

P1 ponderーよく考える overlookー見渡す、見逃すという意味もあります tumbleーころぶ
P2 alterー変える
P7 provokeー刺激する
P8 boost-(急)上昇させる

問1cabd other ways->a rather counterintuitive(直感に反する) one->in it->to be specific
問2d P5まで読まないとはっきりしません。
問3b P5冒頭の文
問4 close to three on a five point scaleー「5点基準で」の部分がカギです。
問5c 挿入句that isじゃまですが、この場合provided=ifにつづきます。
問6c P9And that kind of thinking ~
問7d P10全体 

Ⅱ 長文読解「飛行機操縦自動化と人間」

P1 stallー失速する、行き詰まる
P6 2行目ー自動操縦が彼女を現実的には不要にした edgeー強み
P9 dropーこの場合「減らす」 fleetーもともとは「艦隊」の意味 hubー中枢

問1d 直後の一文が根拠です
問2c P3最後の一文  
問3dbca 離陸→飛行中→着陸の順です take overー引き継ぐ、「乗っ取る」という意味もあります。
問4c P5flight-deck computers can ~
問5d P6Computers have the edge in ~
問6c 「万一の場合に」
問7 this will allow the new technologyー助動詞・動詞が一つずつが手がかり

Ⅲ 長文読解「キング牧師の手紙」

P1 come acrossーでくわす set forthーここでは「表明する」
P3 prophetー預言者
P5 gainsayー否定する engulfー飲み込む grosslyーひどく
P8 fosterー育てる unfetteredー拘束されない
P10 concur withー協力する、同時に起こる prodーつつく

問1b P2the affiliate here
問2a P4with no alternative  
問3dbac certain promise->these promise->broken promise
問4bring pressure to bear on merchantsーpressure to bearにできるかどうかがポイント!
問5d
問6a
問7b

※5~7は、すべてP8(特に3~4行目)・P9(特に1~2行目)がポイントです

Ⅳ 会話文空欄補充

a piece of cakeー朝飯前 There’s no wayーありえない

問1e You bet.ー賭けてもいいよ
問2a
問3b hold me (that) ー~に思える
問4 for the computer to fall into
問5 you should have been thinking ahead ー過去形

Ⅴ 英作文(喫煙は日本で禁止されるべきか?)

I agree with the statement.

Needless to say, smoking is bad for health. Smoking often causes lung cancer and kills many people. It’s heavy burden on our medicare system. The tabaco companies at least compensate the damage caused by their products. 

Smoking affects not only those who smoke but also people around them. I cannot believe the days when smoking was allowed in offices, trains and public places.

Considering above, it’s as bad as the drugs. So, it should be made illegal as well. (84 words) 

早稲田大学政経学部:入試英語対策の重要ポイント!

長文読解の問題は、過去三年の長文読解文章のテーマを年代順にワンワードで並べると以下のようになります。

  • 人工知能
  • 東西冷戦
  • インターネット
  • 生物多様性
  • ケネディ大統領
  • 幸福の社会的指標
  • 母国語と外国語
  • 機械自動化
  • キング牧師

これらには共通点があることを、お気づきですか?

それは、戦後から現代に至る社会的現象を、政治学的・経済学的視点からこれらのテーマについて述べた文章であるという点です。

ですので、英語とは別に、これらのテーマについて知識として理解しておくことが読解の大きな助けとなります。

そこで、歴史についての学びを深めておいたり、日頃からニュースや新聞で政治・経済情勢をつぶさに知っておくようにすることも、早稲田大学政経学部の入試英語の有効な対策と成りえます。

入試英語で、高得点を取るためには?

基礎力としては英検2級、できれば準1級レベルの英語力が欲しいところです。 読解力をつけるには、過去問をどんどん解くようにしましょう。

もし、現段階で早稲田政経レベルが手ごわいと感じたら、センター→駒沢→成城成蹊→明治政経→早稲田商というように、少しずつ難易度を上げながら勉強してみるのも手です。

早稲田の他学部の入試問題も参考になります

実際に「早稲田カラー」というのはあります。 ですので、政経学部だけでなく、他学部の過去問を解くことでも出題に慣れることができ、解き方を身につけられます。

ちなみに「商学部」は、政経学部より問題は少しやさしめです。

また「社会科学部」・「教育学部」は、短めながら難解な文章が特徴です(特に教育学部)。

さらに「法学部」は傾向少し違いますが難易度は同じくらいです。

最後に「国際教養学部」は、法学部と傾向同じでさらに難しくした内容です(早稲田大学最難関学部で、かつ日本の大学で最難関学部のひとつでもあります)。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。 単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

 

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen

これは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

672ページありますが、早稲田大学合格をめざすなら、これをマスターするくらいの覚悟を持って勉強をしてもらいたいと思います。

まとめ:早稲田大学【政経学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。 そして、英検2級・センター試験6~7割の正答をめざします。

その後、過去問で力試しをしてみてください。

さらには、早稲田文系学部でも10学部あります。

それらの過去問を10年分ずつやると、100年分の問題を解いたことになります(ちょっとこじつけですが:苦笑)。

過去問だけでも、やれることはたくさんあります。

たくさん・どんどん・何度も過去問で入試英語対策を行いましょう!

さらに高得点をめざす方へ:ご存知ですか?

上記を着実に取り組んでいただくことで、実力が高まり、今よりも高得点が期待できます。

ちなみに過去問は、同じ年の問題を(少し期間を空けて)くり返し解くことをお勧めしています。

ただ、解答“そのもの”を覚えないように、いくつか別の年や別の大学の過去問などを行なったあとで、再度チャレンジしてください。

「不正解」だった問題があった場合、つぎには正解できるように勉強しましょう。

その結果「苦手箇所」の克服ができ、当然、高得点につながります。

間違えてしまう「原因」を知っていますか?

しかし、ひと口に「不正解」と言っても、間違えてしまう原因には、個人差があることをご存知ですか?

私のこれまでの指導経験から申し上げますと、例えば長文読解において不正解になるケースというのは、おもに“つぎの3つ”が原因であることがほとんどです。

  • 文章を読み進めるうちに、以前の内容を忘れてしまう
  • 個々の単語はわかるけれど、文章・段落として何を言っているのかがわからない
  • 解答のスピードが遅いために、時間が足りなくなって解答できない問題がある、もしくはじっくりと考えて解答する余裕がない

このように、不正解になってしまう“原因”は、ひとりひとり異なります。

そして、原因が異なれば、同じ過去問を解くにしても、注意すべき点や取り組み方はひとりひとり異なります。

つまり、ひとりひとりの目的に沿ったうえで、過去問に取り組むことが、より高得点を取るためには大切な考え方および取り組み方だと言えます。

自分に合った受験勉強ができていますか?

複数の意味を持つ単語・熟語をどのくらい理解できているか?

また、同義語・反対語をどのくらい理解できているか?

こういったことも、やはりひとりひとり異なります。

さらには、大学・学部が異なれば要求される単語文法や読解の水準も異なります。

加えて、日本語要約や英作文が求められる大学もあります。

以上を踏まえると「自分の英語レベルや解答のクセなどを理解したうえで、効率的・効果的に勉強すること」が大切になります。

もしくは、別の言い方をすれば、早稲田大学政経学部の入試英語で高得点を取るために「自分に合った学習プラン」を確立すべきだと私は考えています。

私たちが勉強できる時間はかぎられています。

すでに決められた受験日に向けて、短期間で効率的なレベルアップをめざしたいものです。

短期間でレベルアップする方法

そこで、活用し役立てていただきたいのが「受験コーチ」の存在です。

あなたの学力や性格、資質を客観的に評価し、そのうえで目標達成に向けて「あなたに合った受験勉強」を、伴走するように寄り添ってサポートしてくれる“コーチ”のような存在は、あなたの英語レベルを短期間で強力に引き上げてくれるはずです。

スポーツの世界では、必ず「コーチ」がいますよね。

それは、チームスポーツであっても、個人スポーツであってもです。

そして、コーチの存在が、競技力および試合などでの結果に劇的な変化をもたらすことがあります(もちろん、望んだだ変化です)。

そういったケースを見るにつけ、私は受験勉強においても「コーチ」の存在が必要不可欠だと考えるようになりました。

入試で確実に高得点を取るためには?

これをご覧のあなたは、予備校や学校での集団授業、また参考書などで入試英語における“一般的な重要ポイント”はマスターしておられることと思います。

そのうえで、さらなる高得点をめざして大学学部別あるいは、あなたの状況に合わせた最適な入試英語対策ができるならば、きっとそれはあなたに心身の余裕と安心、さらには勉強への高いモチベーションを与えてくれることでしょう。

そしてそれが、入試で最適な実力を発揮できることにつながり、しいては高得点、さらには志望校合格という成果にまでつながると私は考えています。