このページでは、早稲田大学商学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

早稲田大学【商学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 早稲田大学商学部の合格をめざしている方
  • 早稲田大学商学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 早稲田大学商学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 早稲田大学商学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • 早稲田大学で他学部の受験をお考えの方(早稲田大学の入試は、共通のカラーがあります)
  • マーチレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(早稲田大学商学部は、本格派の英語長文問題が出題されます) etc

早稲田大学社会学部合格率アップのための最新情報

早稲田大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、早稲田大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの早稲田大学商学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

すべて長文読解で5問出題されます。それぞれ600~800語程度と長くはないのですが、90分で5問解くとなるとけっこうな分量です。

分野は社会・人文・科学まんべんなくでます。商学部らしくビジネスが主題の文章も出題されますが大きな偏りはありません。

レベルは英検準1級レベルで難しく、珍しい単語もいくつか入っていてこれらは推測してよむことになります。

選択肢はまぎらわしいものも多く、正解もピッタリ合うものではなく、他の選択肢と比較してマッチ度の高いものを選ぶような難しい出題もよくあります。

一行和訳・一行英作文も複数出題され、アウトプットもある程度求められます。

まずは、このレベルの英文が読めるようになることが大切です

わかりづらいところは、文法・構造を把握し和訳しましょう。

それをくり返すことで、早く読めるようになります。

また、早稲田大学の他学部の英文もレベル的には似通っています。

文学部・文化構想学部・人間科学部・スポーツ科学部は少しやさしめです。

商学部・教育学部は同レベル、特に教育学部と共通点ありますが、教育学部はよみづらい問題が多く、読解力を鍛えるにはいい教材です。

政経学部・法学部・国際教養は社会科学部より難しい問題です。

英語は、入試最重要科目!

読解問題は準1級レベルの内容で文章はよみづらい個所があり、さらに選択肢にもひねりがある早稲田らしい問題です。(比較すると慶応は同レベルですが直球勝負です)

ただし、語数は一問あたり600~800語程度と決して長くないので、演習量を確保して読み方・解き方をマスターすれば合格点がとれるようになります。

英語は、全受験科目の合計200点満点中80点を占める最重要科目です。

その他、試験制度、配点や時間などについて早稲田大学入学センターの情報も参考になると思います。

 

2018年 問題 メモ

Ⅰ 会話文

設問1 (1)(b)ーlikewise「同じく」 (2)(h)ーshort notice「急な知らせ」 (3)(e) (4)(g) (5)(g)-次の文のyour frustrationがヒント

設問2 (イ)(b) (ロ)(c) (ハ)(c)-down the line/road「(近い)将来」

設問3 I wish thee were anything I could do. →I wish と I hope は文法的に違っていてよく狙われます。

Ⅱ 長文読解「フランス語の学習」

P2 ineptitudeー愚かさ a suite ofー一連の  P4 demeanー貶める  P5 batterー打ちのめす

設問1 (1)(b)  (2)(a)  (3)(b)  (4)(a)ーunwavering「ゆるぎない」

設問2 (イ)(b)  (ロ)(b)  (ハ)(c)  (二)(d)

設問3 1(b)-P2 There was no ~  2(c)ーP2後半  3(d)-P3 This is how ~  4(d)-P4 this holding of ~ 

設問4 I ~ world ー 直前の文章です。

設問5 (i)-まず、BとDの比較でDが後に来ることがわかります。

Ⅲ 長文読解「ダージリン紅茶の生産問題」

P4 impasse-行き詰まり

設問1 1(b)-P4 from March to ~  2(b)ーP4 The ongoing ~  3(c)-P4 The separatist agitation ~

設問2 (1)(d)  (2)(c)  (3)(c)ーrun out「なくなる」

設問3 (1)(a)-connoisseur「通」 (2)(a)  (3)(a)  (4)(b)ーcrunch「危機」 (5)(a)-jubilant「喜々とした」

設問4 たとえその運動が明日中止され労働者が農園に戻ってきたとしても

Ⅳ 長文読解「都市の情報化」

設問1 (ⅱ)

設問2 (A)(c)ーmeanwhile(対比) (B)(a)ーadopt「取り入れる」 (C)(c)  (D)(a)

設問3 1F 2T 3T 4F 5T  設問4 (a)(f)

Ⅴ 長文読解「ハイテク利用の顧客行動分析」

P3 fretー悩む  P6 conventionalー従来の

設問1 1(a)-P2全般  2(c)-P4  3(d)-P5  4(a)

設問2 (1)(a)  (2)(d)  (3)(b)-bundle「束・札束」

設問3 (イ)(a)  (ロ)(d)  (ハ)(c)  (二)(a)

設問4 笑顔で入った買い物客は約3分の1以上お金を使った。

2017年 問題 メモ

Ⅰ 長文読解「ビル・ゲイツへのインタビュー」

設問1 (イ)(d)  (ロ)(d)  (ハ)(a)  (二)(c)  (ホ)(d)

設問2 1F 2T 3F 4F 5T

設問3 多くの科学者や政治家は気候変動を人類がかつて直面した最大の問題と見ている。

Ⅱ 長文読解「速読法」

P1 an array ofー一連の lureー誘惑  P3 skimーすくいとる  P4 doomー運命づける

設問1 (イ)(c)  (ロ)(b)ーfound「設立する」 (ハ)(a)  (二)(c)  (ホ)(a)-bet「賭け」

設問2 (A)(d)  (B)(b)  (C)(b)  (D)(c)

設問3 1T  2F  3F  4F  5T

Ⅲ 長文読解「効果的減量法」

P3 drown outーかき消す  P5 inundated with ~が殺到する

設問1 (1)(a)-get through「済ませる」 (2)(d)-意味ではなく文脈です (3)(b) (4)(c) (5)(a)-brittle「脆い」

設問2 (ア)(b)ーflooded with「~でいっぱい」 (イ)(d)-to one’s knowledge「~の知る限りでは」

設問3 1F  2TーP2 simply telling that  3TーP3全般  4-F  5-F

設問4 The more people concentrate on the noise of their eating, the less they eat.

Ⅳ 長文読解「スピーチ能力」

P2 articulateーはっきりとした  P3 tributeー賛辞  P5 head and shoulders aboveー抜きんでる

設問1 (1)(c)  (2)(b)-P3後半  (3)(d)  (4)(a)

設問2 (A)(c)-awkward「ぎこちない」  (B)(d)  (C)(d)

設問3 (1)(b)  (2)(b)  (3)(c)ーacross the board「全般的に」   (4)(a)-stand out「目立つ」

設問4 どちらの状況もおこりうる。

Ⅴ 長文読解「認証技術」

P2 verifyー認証する replicateー複製する  P3 lucrativeー儲かる P4 embraceー抱く・含む

設問1 (A)(d)-in place of「~のかわりに」  (B)(b)  (C)(d)  (D)(b)

設問2 1F  2TーP5後半  3T-P5前半  4F  5TーP6最後の一文

設問3 彼らが思いだせることではなく、彼らがだれであるかによって、我々は人々を特定したい。

設問4 PIN = personal identification number

早稲田大学商学部:入試英語対策の重要ポイント!

すでに述べたように読解中心かつ英検準1級レベルという難しい問題です。

問題文は読みにくい箇所も少なからずあり、選択肢はまぎらわしいものが含まれています。

600~800語の文章を早く正確に読む力と、早稲田特有のひねりのある選択肢への対策が必要です。

入試英語で、高得点を取るためには?

基礎力として英検準1級レベルの英語力が欲しいところです。

現役合格をめざすなら、高2のうちに英検2級・センター6~7割をクリアしておくことが望ましいでしょう。

読解力をつけるには、過去問演習が一番です。

早稲田大学商学部の読解問題は、かなりの難しさです。

いきなり社会科部の過去問を解くことが厳しいと感じたら、段階的にレベルアップするのも効果的です。

センター→駒沢→明治→立教というように、少しずつ難易度を上げながら勉強してみる方法もあります。

早稲田の他学部の入試問題も参考になります

実際に「早稲田カラー」というのはあります。

ですので、商学部だけでなく他学部の過去問を解くことでも出題に慣れることができ、解き方を身につけられます。

学部ごとの難易度についてはすでに述べたとおりです。

早稲田大学社会科学部の英語入試問題は、この10年間出題傾向がさほど変わっていません。

ですので、10年前までの過去問なら対策教材として活用できます。

それらを活用すれば、十分な演習量を確保することができます。

早稲田大学の問題は、難しいレベルでいい問題が揃っていてさすがだと思います。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen (いいずな書店)
  • 一億人の英文法  (東進ブックス)
  • ジーニアス総合英語 (大修館)

Evergreenは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

どれも600~700ページある本ですが、内容は大きな差はないのでどれか一冊気に入ったものを選びましょう。

早稲田大学商学部レベルともなると、基本文法や単語の知識だけでは他の受験生との点数の差がつきづらいと思います。

これらの本に出てくる“細かなポイント”を、どれだけ知っているか?が合否を分けるカギになります。

まとめ:早稲田大学【社会科学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。

そして、英検2級・センター試験6~7割は早めに(理想的には高2のうちに)クリアしておきたいところです。

さらに、マーチレベル(社会科学系でいいと思います)の問題で、レベルアップをめざします。

次はいよいよ早稲田過去問で力試しをしてみてください。このレベルまでくれば、過去問演習が一番の対策です。

演習量確保のためには早稲田他学部の問題が役に立ちます。早稲田は文系学部だけでも10学部あります。

それらの過去問を10年分ずつやると、100年分の問題を解いたことになります(ちょっとこじつけですが:苦笑)。

過去問だけでも、やれることはたくさんあります。

たくさん・どんどん・何度も過去問で入試英語対策を行いましょう!