このページでは、慶応大学商学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

目次

慶応大学【商学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 慶応大学商学部の合格をめざしている方
  • 慶応大学商学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 慶応大学商学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 慶応大学商学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • マーチレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(典型的な「やや難しめ」の長文問題です) etc

慶応大学商学部合格率アップのための最新情報

慶応大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、慶応大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの慶応大学商学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

長文読解が三題、単語選択問題が四題、出題されます。

A方式でもB方式でも、全科目の合計400点満点中の200点を、英語が占めています(ですので、英語は合格のための最重要科目です!)。

長文読解は、それぞれ800語程度。

単語選択は、各問150~200語の文章で出題されます。

90分という時間を考えると、スピードが要求されます。

また、長文読解の問題は、社会科学系の文章、単語選択は人文科学系の文章が多く出題される傾向があります。

単語力・読解力ともに、ほぼ英検準1級レベルです。

ちなみに、英検の読解問題は社会・人文・自然科学の分野からまんべんなく出題されます。

早稲田大学商学部の英語入試問題と比べると、量はやや多いですが問題に“ひねり”はあまりありません。

さらに、明治大学商学部の英語の入試問題は、文章のボリュームは同じくらいですが少しやさしめの問題です。

実は、これらの過去問を解くことも、慶応大学商学部の効果的な英語入試対策となり得ます。

過去問解説および解答のヒント

入試対策においては、慶応大学商学部の入試英語の過去問を解くことも有効です。

それによって、出題傾向をつかむことができ、入試問題に慣れることができます。

では、ここからは2018年の英語入試問題から過去にさかのぼって、問題の解説および解答のヒントをお伝えしたいと思います。

2018年:慶応大学商学部 入試英語過去問

2018年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解「技術革新と雇用」

下記“P”は「段落(=paragraph)」の意味です

P4 この段落は、少し読解が難しいです。 if nothing is ~ー市場の力を妨げることがなされなければ

(1)1
(2)4 turn outー「生産する」という意味があります。 hold backー隠す
(3)3
(4)2
(5)2 P3の2行目
(6)2
(7)1 P2-high rewards for those at the top
(8)1 Ford’s 21st century counterpartーフォードに相当する21世紀の人々→大企業経営者のこと
(9)2 考え直さないといけないのは、すべて市場にゆだねる新しい仕組みです。ーP4冒頭
(10)3

Ⅱ 長文読解「職場の交友関係」

P4 at arm’s lengthーwithin arm’s lengthで「身内」という意味になります。
P6 peculiarー妙な
P7 reinforceー強める

(11)1 get down toー本腰を入れる
(12)2
(13)4
(14)3
(15)3 P4
(16)3 P6
(17)2 P7最後の一文
(18)1 P8最後の一文
(19)4 P8
(20)1  

*(18)選択肢2:it cannot be helped.ーどうしようもない

Ⅲ 長文読解「ゴミ問題と再生利用」

P4 high-profileー目を引く
P5 pledge 誓う
P8 stuffーここでは抽象的に「もの」

(21)4
(22)4 vitalーここでは「重要な」
(23)2 人ではなく仕組みという意見
(24)3
(25)1
(26)4 buzzwordー流行語(読解から推測) 
(27)1  tinkerー下手な修理(読解から推測)
(28)2 傍線直後the companyはCoca Colaのこと。
(29)4 P5
(30)2
(31)2

Ⅳ 適語選択-台風の名づけ方

(32)4 presumeー仮定する・推定する、assumeとほぼ同義語
(33)2
(34)4
(35)1 arbitrarilyー任意に・勝手に
(36)1
(37)2
(38)3

Ⅴ 適語選択

(39)2 時制は過去
(40)1
(41)4
(42)2
(43)1
(44)2
(45)3 far以下はbusinessを修飾する形容詞句(過去分詞)
(46)3
(47)1
(48)3 go throughー(たいへんなことを)経験する・切り抜ける

Ⅵ 語形変化ーロンドンの核シェルター

aーreference
b-request
c-survival
d-disposal
eーexplosion

Ⅵ 語形変化ー文化遺産

aーbrings
b-grown
c-regarded
d-identify
eーlimited
f-handed

2017年:慶商 入試英語過去問

2017年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解「中国企業アリババと中国経済」 

P1 soarー急上昇する
P2 entanglementーもつれ volatileー変動する
P4 pivotー軸・中心
P8 jamーつめこむ

(1)2
(2)4
(3)1 deliverー救い出す、という意味もあります suspendは「停止する」でうまく当てはまりません。
(4)2 cater to ー ~に応じる、割とでます
(5)1 P1の内容
(6)2 P2の内容
(7)4
(8)2 from a “Made in China” past to a “Bought in China” present
(9)3 failed to が誤りです。
(10)1
(11)3
(12)4 humbleーつつましい
(13)1 他はみな、ネガティブな意味です。

Ⅱ 長文読解「ソーシャルネットワーキングの特徴」

単語・表現ともさほど難しくなく、読解の根拠も選択肢に無理がないので(ひねりが少ない)、全問正解したい問題です。

P5 swollenー膨れた・腫れた scent-匂い

(14)4 henceーそれゆえ
(15)2
(16)3 P1の2~3行目
(17)4
(18)1 P2の4~6行目
(19)4 P3の(a)
(20)2 adventー出現
(21)3 P4の最初の文
(22)4 validateー正当と認める
(23)3 P5の3行目
(24)2 P5の1~2行目 in concertー一緒に

Ⅲ 長文読解「近代経済における綿の役割」

P2 decreeー法令、文脈でわかります。 vitalー重要な
P4 rationaleー根拠 depictionー描写
P5 stickyーねばねばする

(25)4 fractionー断片・分数
(26)3
(27)1
(28)2 viewed in reverseー逆から見ると
(29)3 usherー案内する
(30)4 P3
(31)1
(32)2 P5第二文
(33)3 P7
(34)1
(35)3 impetusー勢い・はずみ
(36)4
(37)2

Ⅳ 適語選択ー動物行動の研究

(38)4
(39)1
(40)2 domesticateー飼いならす
(41)1
(42)2
(43)3
(44)1

Ⅴ 適語選択

(45)3
(46)2
(47)3
(48)1 大過去の分詞構文
(49)2 anything butは否定
(50)4
(51)3
(52)4 getは使役動詞ではありません(頻出)
(53)4
(54)1

Ⅵ 語形変化ーデリーの交通渋滞解消策

aーwrapped
b-restricting
c-predicted
d-impose
eーfeatured

Ⅶ 語形変化ー大学入学時に感じたこと

aーreaction
b-choice
c-failure
d-investigation
eーacquisition
f-relief

2016年:慶応大学商学部 入試英語過去問

2016年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解説資料も参照してください⇒

Ⅰ 長文読解「欧・米の休暇観の違い」

P1 thriftyー倹約家の
P2 Vacation say a lot about people.ー休暇は、人について多くを語る intuitiveー直感的
P3 spontaneousー自然発生的 getwayー逃走・競争スタート
P6 elicitー誘い出す、ちなみにsolicitは「誘う」 dismissalーここでは「退却」

(1)2
(2)4 P1最後の一文
(3)3
(4)1 P3
(5)1 P4Those who left~
(6)3 P6第一文
(7)4 P7the average students~
(8)P8Lacking a consensus~

Ⅱ 長文読解「脳力開発」 

P1 stakesー利害関係、この意味で使われることがほとんどです。 undermineー根本を揺るがす
P2 exaggerationー誇張 plasticityー可塑性
P3 conductive toー~につながる
P5 binaryー二元の disproveー反証する
P6 contradictー矛盾する

(9)4 P1developing employees
(10)1
(11)3 P3の5行目 productivity increase
(12)2
(13)3 P4multitasking and~
(14)1
(15)4 P5
(16)3 P6

Ⅲ 長文読解「環境持続性と社会持続性」

P1 Whereasー一方=while faultyー欠陥のある
P3 unrestー不穏   

(17)1
(18)4
(19)2 P1there has been ~
(20)2 P2integrating diverse groups
(21)4 P5
(22)2
(23)3 P5 stapleー主要産物
(24)1

Ⅳ 適語選択ーフランス語学習

(25)4
(26)1
(27)2-過去完了
(28)4
(29)2

Ⅴ 適語選択

tenseーここでは「時制」 subjunctiveー仮定法

(30)2
(31)1
(32)3
(33)4
(34)2
(35)2 convergeー収束する
(36)3

Ⅵ 空欄補充・語形変化

(37)1 mineー採掘する depictー描く
(38)4
(39)1
(40)3

Ⅶ 語形変化ー日常とintegrity

aーrecommendation
b-punishment
c-discouragement
d-infection
eーknowledge

Ⅷ 語形変化ーmoralityの意味するもの

aーcomplying
b-termed
c-shared
d-consist
eーvaries
fーinsisted

慶応大学商学部:入試英語対策の重要ポイント!

長文読解の問題は、過去三年の長文読解文章のテーマを年代順にワンワードで並べると以下のようになります。

  • 技術革新と雇用
  • 職場の交友関係
  • ゴミ問題
  • アリババ上場
  • ソーシャルネットワーキング
  • 近代経済史(綿)
  • 欧米の休暇観
  • 脳力開発
  • 環境問題

これらには共通点があることを、お気づきですか?

それは、テレビニュースや新聞でよく耳にすることについて述べた文章であるという点です。

また、分野的には社会科学が中心になります。

ですので、英語とは別に、これらのテーマについて知識として理解しておくことが読解の大きな助けとなります。

そこで、日頃からニュースや新聞で最新のトピックについて背景を知っておくことも、慶応大学商学部の入試英語の有効な対策と成りえます。

入試英語で、高得点を取るためには?

基礎力としては英検2級、できれば準1級レベルの英語力が欲しいところです。

読解力をつけるには、過去問をどんどん解くようにしましょう。

もし、現段階で慶応商レベルが手ごわいと感じたら、センター→駒沢→成城成蹊→明治商というように、少しずつ難易度を上げながら勉強してみるのも手です。

他大学同系統学部の入試問題も参考になります

慶応大学は、学部ごとに特色ある出題がされているため、他学部の問題はあまり対策にならないかもしれません。

例えば、経済学部と商学部は、学問的に近いので入試問題も似た内容になることがありますが慶応大学に関しては違います(共通するカラーがある早稲田大とは対照的です)。

それよりも、他大学の同系統学部の方が出題傾向に類似性があります。

傾向が似ている大学の一例を挙げると、明治商→明治政経・青学国際政経→慶応商→早稲田商→早稲田政経といったあたりでしょうか。

ちなみに、上記の順番で問題が難しくなっています(あくまで、偏差値ではなく問題の難しさです)。

この順番で過去問を解いて行くと、無理なく英語力の向上が期待できます。

さらには、読解力を中心とした慶応商学部の入試英語対策にもなります。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen

これは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

672ページありますが、慶応大学合格をめざすなら、これをマスターするくらいの覚悟を持って勉強をしてもらいたいと思います。

まとめ:慶応大学【商学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。

そして、英検2級・センター試験6~7割の正答をめざします。

その後、過去問で力試しをしてみてください。

慶応大学商学部だけでなく、このページで挙げた他大学の過去問にチャレンジすることも効果的な入試対策になります。

そうなると、過去問だけでもやれる問題はたくさんあります。

たくさん・どんどん・何度も過去問で、入試英語対策を行いましょう!

さらに高得点をめざす方へ:ご存知ですか?

上記を着実に取り組んでいただくことで、実力が高まり、今よりも高得点が期待できます。

ちなみに過去問は、同じ年の問題を(少し期間を空けて)くり返し解くことをお勧めしています。

ただ、解答“そのもの”を覚えないように、いくつか別の年や別の大学の過去問などを行なったあとで、再度チャレンジしてください。

「不正解」だった問題があった場合、つぎには正解できるように勉強しましょう。

その結果「苦手箇所」の克服ができ、当然、高得点につながります。

間違えてしまう「原因」を知っていますか?

しかし、ひと口に「不正解」と言っても、間違えてしまう原因には、個人差があることをご存知ですか?

私のこれまでの指導経験から申し上げますと、例えば長文読解において不正解になるケースというのは、おもに“つぎの3つ”が原因であることがほとんどです。

  • 文章を読み進めるうちに、以前の内容を忘れてしまう
  • 個々の単語はわかるけれど、文章・段落として何を言っているのかがわからない
  • 解答のスピードが遅いために、時間が足りなくなって解答できない問題がある、もしくはじっくりと考えて解答する余裕がない

このように、不正解になってしまう“原因”は、ひとりひとり異なります。

そして、原因が異なれば、同じ過去問を解くにしても、注意すべき点や取り組み方はひとりひとり異なります。

つまり、ひとりひとりの目的に沿ったうえで、過去問に取り組むことが、より高得点を取るためには大切な考え方および取り組み方だと言えます。

自分に合った受験勉強ができていますか?

複数の意味を持つ単語・熟語をどのくらい理解できているか?

また、同義語・反対語をどのくらい理解できているか?

こういったことも、やはりひとりひとり異なります。

さらには、大学・学部が異なれば要求される単語文法や読解の水準も異なります。

加えて、日本語要約や英作文が求められる大学もあります。

以上を踏まえると「自分の英語レベルや解答のクセなどを理解したうえで、効率的・効果的に勉強すること」が大切になります。

もしくは、別の言い方をすれば、慶應大学商学部の入試英語で高得点を取るために「自分に合った学習プラン」を確立すべきだと私は考えています。

私たちが勉強できる時間はかぎられています。

すでに決められた受験日に向けて、短期間で効率的なレベルアップをめざしたいものです。

短期間でレベルアップする方法

そこで、活用し役立てていただきたいのが「受験コーチ」の存在です。

あなたの学力や性格、資質を客観的に評価し、そのうえで目標達成に向けて「あなたに合った受験勉強」を、伴走するように寄り添ってサポートしてくれる“コーチ”のような存在は、あなたの英語レベルを短期間で強力に引き上げてくれるはずです。

スポーツの世界では、必ず「コーチ」がいますよね。

それは、チームスポーツであっても、個人スポーツであってもです。

そして、コーチの存在が、競技力および試合などでの結果に劇的な変化をもたらすことがあります(もちろん、望んだだ変化です)。

そういったケースを見るにつけ、私は受験勉強においても「コーチ」の存在が必要不可欠だと考えるようになりました。

入試で確実に高得点を取るためには?

これをご覧のあなたは、予備校や学校での集団授業、また参考書などで入試英語における“一般的な重要ポイント”はマスターしておられることと思います。

そのうえで、さらなる高得点をめざして大学学部別あるいは、あなたの状況に合わせた最適な入試英語対策ができるならば、きっとそれはあなたに心身の余裕と安心、さらには勉強への高いモチベーションを与えてくれることでしょう。

そしてそれが、入試で最適な実力を発揮できることにつながり、しいては高得点、さらには志望校合格という成果にまでつながると私は考えています。