入試制度、過去問は大学ホームページから参照できます。

https://www.icu.ac.jp/admissions/undergraduate/exam/general/

A方式・B方式ありますが、募集はA方式290名・B方式10名です。A方式について説明します。

試験は三科目です。

・英語(リスニングを含む) 90点

・総合教養(ATLAS) 80点

・人文社会科学 または 自然科学 80点

では、科目ごとに見ていきましょう。

英語

(リスニング)

時間30分の三部構成、Part I は短い会話(✖10)、Part IIは長めの会話(✖2)、Part IIIは2~3分の長さの講義(✖2)を聞きます。問題はそれぞれ10問、4つの選択肢から正解を選びます。

会話は、大学生活で出てきそうな会話、たとえば学食のメニューの話とか、講義内容について教務課に確認するとか、教授に個別面談の申込みをするとか、そういった内容の話が出てきます。講義は大学の一般教養レベルですが、社会・歴史がテーマの人文だけでなく、自然・宇宙などの科学からも出題されます。

英語環境での学生生活ができるかどうかが試験されていると言えます。以下のような特徴があります。

・一般のリスニングにありがちな、プロの話すきれいな音声ではありません。一般人の話す「普通」の英語です。

・早さも一般のリスニング試験よりも早く、現実の英会話のスピードです。

・音声は一回しか流れません。

リアルな英会話を一回だけ、という実用に耐えうるリスニング力が求められています。Part III の講義は、読解で出題されるくらいの内容となっています。おそらく、このリスニングのレベルでは、私大では一番難しく、国立の東京外語大と双璧をなすものと思われます。

この特徴は、他の大学入試リスニングや、英検・TOEICにはないもので、TOEFLと似ており、TOEFLのリスニング対策は有効です。ただし、TOEFLは英検準1級合格するくらいの英語力が前提とされ、英語が得意な大学生でも苦労する内容ですので、ICUの英語リスニングがいかに難しいかが推測できると思います。

(リーディング)

二部構成となっています。

PART I では、三つの英文が出題されます。それぞれ1000語程度の文章で、問題は8つずつ出題されます。読解力を問われる問題で語彙は英検準1級レベルですが、問題文が長いのでそれ以上に難しく感じられるかもしれません。問題文と選択肢を照合すれば正解はかならず得られるので、いかに早く正確に処理できるかがポイントになります。

PART IIでは問題文がひとつ、こちらも1000語程度で、空欄補充形式の出題です。問題文の流れを把握したうえで、文脈に適した文法・語法を問う問題が12題出ます。

60分で1000語程度の文章を四つ読んで、36題の選択肢問題を解くことになるため相当なスピードが要求されます。英検準一級レベルの語彙の意味・イメージが瞬時に頭に浮かばないと早く処理することはできません。また、単語暗記にとどまらず、それを長文読解の中で正確に読み取る訓練も必要です。

 

(対策)

リスニング・リーディングともきわめてレベルの高い内容となっています。私の知る限り、国内の大学では東京外語大と並んで最も英語の難しい大学です。

語彙レベルは準1級ですが、リスニングはプロのナレーターが読むようなきれいな英語ではなく、普通の人の話す日常英語が一回だけ、リーディングは問題文の長さが1000語程度ということを考えれば、準1級の試験よりも難しいといえます。

傾向としては他の大学の英語の問題よりもTOEFLに似ているので、TOEFL参考書や問題集での対策が効果あります。

 

総合教養(ATLAS)

ICUのホームページでは以下の説明があります。

「ATLASとは、Aptitude Test for Liberal ArtSの略で、文系・理系にとらわれないリベラルアーツの「世界地図(アトラス)」をプレビューすることによって、ICUの教育への適性を判断するものです。」

PART Iでは15分間の講義を聞き、その内容について回答します(択一式が10問)。

再びICUのホームページには以下のような説明があります。

「ICUの授業の疑似体験を通して迅速かつ的確な判断力、論理的な思考力、これまでに学んできた知識や考え方を柔軟に問題解決に応用する能力等を評価します。」

問題形式は「聞く」読解問題となります。読まれる内容は大学の教養の講義で想定されるような内容で突飛なものはありませんが、「聞く」形式にはある程度慣れておく必要があります。

PART IIでは、3000字程度の文章が三題出題され、それぞれ10問ずつ択一式の問題に解答します。問題文は概ね 人文(文化・歴史)、社会(社会情勢・経済等)、自然科学の各分野から一つずつ出題されます。自然科学の出題では数学的内容の出題もありますが、一般教養的な意味合いが強く、中学数学で解けるような問題です。

人文・社会に関しては、センター試験 国語の論説文(大問一)と類似しており、レベルも同じくらいに思えます。選択肢読解の基本ルールである問題文と選択肢の照合作業をこなすことができれば高得点を狙うことができます。

 

人文・社会

特徴的なのは問題用紙8ページに及ぶ非常に長い文章が一題与えられることです。文字数にすれば一万字を超えるような長さになります。内容は、大学の授業で読むことになるテキストに書いてあるようなものです。

その長文に対して、選択肢問題が42題出題されます。時間は80分ありますから、センター試験と比べても考える時間は与えられているといえます。

地理・歴史・時事問題等、高校社会の知識が問われることもありますが、全体の三分の一くらいで常識問題的な出題です。のこりの三分の二は、実は「読解」で、人文・社会をテーマにしながらも、問われているのは大学国語入試における読解力です。ただ、こちらも難解なものではなく、センターレベルの問題です。

人文・社会を選択した場合、総合教養とあわせて、読解力を問う出題の比重が極めて大きくなります。