このページでは、一橋大学の数学入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

一橋大学【数学】入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 一橋大学の合格をめざしている方
  • 一橋大学の入試数学で高得点を取りたい方
  • 一橋大学の入試数学の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 一橋大学の入試数学で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • センターレベルから数学力をさらに向上させたい方  etc

一橋大学合格率アップのための最新情報

慶応大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、国立大学入試数学専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの一橋大学合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

全部で五問出題されます。分野に偏りはありません。時間は120分。

東大・京大と並んで国立最難関レベルで、完答は難しいため、解ける問題を確実に解くことが要求されます。

ただし、本当に難しくて解けない問題は毎年だいたい1問で、残り4題は完答できます。

過去問解説および解答のヒント

入試対策においては、基礎力をつけたあとは過去問演習が最も有効です。

レベルに慣れること、パターンを分析すること、計画的に実行することで点数は確実にアップします。

では、ここからは2019年の数学入試問題から過去にさかのぼって、問題の解説および解答のヒントをお伝えしたいと思います。

2019年:一橋大学数学 入試過去問

2019年度の入試英語過去問は、こちらからダウンロードできます⇒

解答はコチラ⇒

第一問 数列・漸化式

簡単な問題です。基本は9個から3個選ぶ組み合わせ。
連続した数の二乗の差(p+1)²-p²=2p+1はp>=6で12を超えます。

第二問 三角関数

解ける問題です。単位円⇔三角関数はよくあるパターンです。
加法定理を用いて簡単な式にします。  

第三問 微分積分

難しい問題です。
(1)2つの接線の式からどう組み合わせるか、ひらめきが要求されます。
(2)(1)が解ければ計算で解けるのですが、その計算がかなり面倒です。 

第四問 図形問題・円

解ける問題です。
二つの直角三角形から方程式が作れます。
その後微分して最大値を求めますが、計算もさほど複雑ではありません。

第五問 順列組合せ

簡単な問題です。基本は9個から3個選ぶ組み合わせ。
(1)タテ3列+ヨコ3列⇒6通り
(2)3(2個の列)✖3(2個の並べ方)✖2(1個の列)✖2(タテ・ヨコ)⇒36通り
(3)S=0を考えます。9(1個目の並べ方)✖4(2個目:1個目と異なるタテヨコの列)⇒36通り

2018年: 一橋大学数学 入試過去問

 

第一問  

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)

第二問 

(14)
(15)
(17)
(19)
(20)

第三問

(25)
(26)
(27)
(28)

第四問 

(38)
(39)
(40)
(41)
(42)

第五問

(45)
(46)
(47)
(48)
(49)

2017年:一橋大学 入試数学過去問

第一問 

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)

第二問 

(11)
(12)
(13)
(14)
(15)

第三問

(20)
(21)
(22)
(23)
(24)

第四問

(25)
(26)
(27)
(28)
(29)

第五問

(31)
(32)
(33)
(34)
(35)

一橋大学商学部:入試数学対策の重要ポイント!

いうまでもなく国立最難関大学のひとつです。

当然問題も難しいのですが、センター・個別全科目1000点満点で600点前後がボーダーであることを考えれば5問中3問解ければ合格ラインです。

これは決して困難なことではありません。基礎力養成と過去問分析で十分達成できます。

入試数学で、高得点を取るためには?

基礎となるのは公式理解と計算力、センター8割以上(目標9割)が要求されます。

公式理解は教科書が一番役に立ちます。計算はやった量に比例します、それから計算用紙にしっかりメモを残すことが重要です。

他国立大学の入試問題も参考になります

国立大学数学は大まかにいうと次のようにレベル分けできます。

① センター・②③以外の国立大学

② 旧帝大・上位校(横浜国大・千葉大・神戸大)

③ 東大・京大・一橋

それぞれのレベルでスケジュールを組んで、計画的に問題を解いてみましょう。100問ほど解けば、出題パターンが見え、速く正確にとけるようになります。

おすすめの教材

まずは、何と言っても教科書です。公式は教科書でしっかり理解暗記しましょう。

次は計算力ですが、問題演習で養います。学校で使う教科書傍用問題集と青チャートさえあれば十分です。

最後は過去問演習です。過去問は大学により上に書いたような三つのレベルがあるので、段階的に進めていきましょう。

 

まとめ:一橋大学【数学】入試過去問の解説

①基礎力は学校の教科書と傍用問題集を繰り返しましょう。青チャートは量を補うために有効です。

 公式の理解と正確な計算力を身につけましょう。センター過去問8割以上が目標です。

②東大・京大以外の旧帝大の過去問を解いてみましょう。センターと一橋の中間レベルの記述式問題です。

 解き方は思いつくので、計算を正確にできるかが課題です。

③一橋および東大・京大の過去問を解いてみましょう。目標到達点のレベルです。

 解き方はすぐには思いつかず、考えることになります。過去問で共通パターンを見つけていきましょう。

過去問は過去10年分が対象になります。たくさん解くとともに、出題傾向・解法の分析をしましょう。パターンがあります。

さらに高得点をめざす方へ:ご存知ですか?

上記を着実に取り組んでいただくことで、実力が高まり、今よりも高得点が期待できます。

ちなみに過去問は、同じ年の問題を(少し期間を空けて)くり返し解くことをお勧めしています。

ただ、解答“そのもの”を覚えないように、いくつか別の年や別の大学の過去問などを行なったあとで、再度チャレンジしてください。

「不正解」だった問題があった場合、つぎには正解できるように勉強しましょう。

その結果「苦手箇所」の克服ができ、当然、高得点につながります。

間違えてしまう「原因」を知っていますか?

しかし、ひと口に「不正解」と言っても、解けない原因には、個人差があることをご存知ですか?

私のこれまでの指導経験から申し上げますと、数学問題が解けないケースというのは、おもに“つぎの3つ”が原因であることがほとんどです。

  • 計算ミス
  • 公式を確実に覚えていない
  • 問題を読んでも解き方が思い浮かばない

 

自分に合った受験勉強ができていますか?

このように、不正解になってしまう“原因”は、ひとりひとり異なります。

そして、原因が異なれば、同じ過去問を解くにしても、注意すべき点や取り組み方はひとりひとり異なります。

つまり、ひとりひとりの目的に沿ったうえで、過去問に取り組むことが、より高得点を取るためには大切な考え方および取り組み方だと言えます。

さらには、大学・学部が異なれば出題される問題のレベルも異なります。

私たちが勉強できる時間はかぎられています。

すでに決められた受験日に向けて、短期間で効率的なレベルアップをめざしたいものです。

短期間でレベルアップする方法

そこで、活用し役立てていただきたいのが「受験コーチ」の存在です。

あなたの学力や性格、資質を客観的に評価し、そのうえで目標達成に向けて「あなたに合った受験勉強」を、伴走するように寄り添ってサポートしてくれる“コーチ”のような存在は、あなたの英語レベルを短期間で強力に引き上げてくれるはずです。

スポーツの世界では、必ず「コーチ」がいますよね。

それは、チームスポーツであっても、個人スポーツであってもです。

そして、コーチの存在が、競技力および試合などでの結果に劇的な変化をもたらすことがあります(もちろん、望んだだ変化です)。

そういったケースを見るにつけ、私は受験勉強においても「コーチ」の存在が必要不可欠だと考えるようになりました。

入試で確実に高得点を取るためには?

これをご覧のあなたは、予備校や学校での集団授業、また参考書などで入試英語における“一般的な重要ポイント”はマスターしておられることと思います。

そのうえで、さらなる高得点をめざして大学学部別あるいは、あなたの状況に合わせた最適な入試英語対策ができるならば、きっとそれはあなたに心身の余裕と安心、さらには勉強への高いモチベーションを与えてくれることでしょう。

そしてそれが、入試で最適な実力を発揮できることにつながり、しいては高得点、さらには志望校合格という成果にまでつながると私は考えています。