YouTubeにTOEFL試験練習問題がたくさん公開されています。⇒ TOEFL 模試問題一覧

今回はこの動画の 第4回 Question 6 を解説します。

この問題では、大学の教養課程レベルの講義を聞き、その内容をまとめます。TOEFL用語でいうと integrated question と呼ばれる問題です。

講義を聞く時間は2分とちょっとくらいですが、聞きながらメモをとります。講義の構成はほとんどの場合、テーマが述べられ、それに関する説明や例示が通常2つでてきます。

この問題では、メモは以下のようになります。

テーマ: teaching – keep students attention – concept of attention – 2 types  

説明・例示:

(1) active attention – voluntarily, intentional, needs effort – difficult to keep 

     example: biology class – about frog (lecture only) – forced and easily distracted

(2) passive attention – involuntarily – when the topic is interesting – without effort

     example: a live frog – more interesting to students – tap into passive attention – less effort, more longer

講義を聞いた後、何を説明するか、具体的な指示があります。

Using the point and examples from the lecture, explain the difference between active and passive attention. 

 

それでは実際に問題を解いてみましょう。

メモにとった講義の内容をもとに文章にします。

テーマ: 

In teaching, it’s difficult to keep students’ attention. There are two types of concept for attention. The professor explains them with examples. (22)

例示 

The first one is active attention which is voluntary and intentional. It requires effort and it’s  difficult to keep this attention.

For example, in a biology class, when there’s lecture only about frog, students need forced attention and they are easily distracted. (42)

The second one is passive attention which is involuntary. When the topic is interesting, students can keep attention without effort. 

For example, in the biology class, when you pull a live frog, it is more interesting and it can tap into their passive attention. Students can keep attention much longer with less effort. (53)

話す時間は60秒ありますので、単語数は90語前後が目安となります。

 

会話を聞いた後、20秒の時間が与えられますので、この時間で話す英語のイメージを作ります。

最初のうちは上の表のように書いてみた方が慣れるにはいいと思います。

繰り返して速くできるようになったら、書かずに頭の中で作業するようにします。

本番での準備時間は20秒しかありませんからたいへんですが、時間をかければ慣れていきます。