このページでは、明治大学商学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

明治大学【商学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 明治大学商学部の合格をめざしている方
  • 明治大学商学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 明治大学商学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 明治大学商学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • 明治大学で他学部の受験をお考えの方(明治大学の入試は、共通のカラーがあります)
  • ニッコマレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(明治大学商学部英語は、よく練られた英語長文問題です) etc

明治大学文学部合格率アップのための最新情報

早稲田大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、明治大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの明治大学商学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

例年、Ⅰが語句選択問題、Ⅱが会話文補充問題、Ⅲ・Ⅳが長文読解です。

語句問題はポイントになっている単語・文法を知っているかで決まります。会話文補充問題は少しひねりがあるので問題文・選択肢各分の意味をよく考える必要があります。

Ⅲ・Ⅳは800~1000語程度の文章ですべて選択肢です。こちらでも単語・文法は問われます。単語・文法はピンポイントで知識を問われるのに対し、読解は選択肢の正誤がはっきりしていることが多いです。

このため、私の経験では単語・文法で差がつくことが多いように思います。

また、時間は60分なので、スピードもある程度要求されています。

まずは、このレベルの英文が読めるようになることが大切です

レベルは英検2級と準1級の中間くらいです。

英文読解でわかりづらいところは、文法・構造を把握し和訳しましょう。

それをくり返すことで、早く読めるようになります。

また、明治大学の他学部の英文もレベル的には似通っています。

法・政経・国際日本がやや難しく、他は一般入試も含めて同レベルです。

 

2018年 問題 メモ 

Ⅰ 適語選択

(1)4  (2)2  (3)2  (4)1  (5)2  (6)1-make使役動詞なので目的語と補語の関係を考えます

(7)4  (8)3-mostやallはこの場合前置詞ofは不要です  (9)1-受動態の動名詞  (10)1

Ⅱ 会話文空欄補充

(1)2  (2)1ーIt’s the thought that counts「大事なのは想いだ」  (3)2  (4)4

Ⅲ 長文読解「雲の生態系」

P1 solidityー固体性  P2 vaporー蒸気  P4 aerialー空中の  P7 catalystー触媒

P9 makeupー構成 moleculeー分子  P10 constituentー構成物  P12 altitudeー高度

P16 disperseー拡散する  P18 infamousー悪名高い

問1 Aーseen  B-reaches C-sampling D-mixes

問2 (1)1  (2)4  (3)ーon earth「一体全体」  (4)2  (5)3  (6)3  (7)2

問3 A4-P16の内容から  B1ーP12 not all of ~

Ⅳ 長文読解「人間・動物と道具」

P1 repelー追い払う  P3 chamberー部屋 thornー茨 intactーそのままの deterー阻む

P5 adaptation-適応 multiplyー何倍にも増える  P7 undergoー経験する flint-斧

P8 fabricate-作る   P10 cast awayー漂流して  P12 limbー手足 furー毛皮

P14 intensifyー強める P14 irrigate-灌漑する

問1 (あ)3 (い)2 (う)4 (え)3 (お)1 

問2 A-lined B-chooses Cーleads D-putting 

問3 (ア)2 (イ)2 (ウ)1

問4 (1)4 (2)3 (3)4 (4)1

問5 A1-P8 fabricating more hand axes B4-P7・P8の内容

2016年

Ⅰ 適語選択・発音

問1 (1)4 account forー説明する  (2)2 大過去の分詞構文  (3)3 worthの後は名詞  (4)1

(5)3  (6)2 in what way→howの言い換え  (7)4  (8)4  (9)3 仮定法現在  (10)1

問2 (1)1  (2)3  (3)2  (4)2  (5)1

Ⅱ 会話文・適文選択ー

(1)3 figure outー理解する dialogー会話  (2)4  (3)3

Ⅲ 長文読解「動物保護」

P1 contiguousー連続した  P2 viableー生きている carnivoreー肉食動物  P4 hostolityー敵意

P5 flockー群れをなす  P6 vicinityー近隣  P8 lagー遅滞する  P9 toleranceー寛容さ

P12 mindsetー心がまえ

問1 A-abondoned  B-dates:date backー遡る  Cーadapt  D-demonstrating

問2 (1)2  (2)1  (3)2  (4)2 antagonismー敵意  (5)3  (6)4

問3 A1ーP1の内容から  B1-P16の内容から

Ⅳ 長文読解「空港での出来事」

P6 menialー些細な  P8 the last strawー最後の望み  P9 fleeー逃げる

問1 A-surrounding  B-struggling  C-gripping  D-spread

問2 (1)4ーP2 I refused to ~  (2)4-predicament「苦境」  (3)2  (4)2  

(5)2ーdare「あえて~する」  (6)2  (7)2 

問3 A4  B4

明治大学商学部:入試英語対策の重要ポイント!

すでに述べたように、読解は手がかりが多く、かつ、選択肢の正誤もはっきりしていることが多いためにあまり差がつきません。

差がつくのはピンポイントで知識を問われる単語文法です。それから読解もたまにでてくる問題文中から根拠部分をしっかり抑えることが要求される問題です。

ボーダーは問題の難易度にもよりますが7割を超えると推定され、差がつく問題でいかに正解するかがポイントです。

入試英語で、高得点を取るためには?

基礎力として英検2級程度、センター試験6~7割程度が要求され、早くこの水準に到達することが必要です。

読解力をつけるには、過去問をどんどん解くようにしましょう。明治大学他学部の問題もいい対策になります。

また、いきなり明治大商学部の過去問を解くことが厳しいと感じたら、段階的にレベルアップするのも効果的です。

特に駒澤大学の過去問はセンターレベルの次の読解・文法単語問題が網羅されており、受験対策問題集として活用できます。一年に五つの日程で試験がありますので量もたくさんあります。明治大商学部の準備としてもいい教材です。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen (いいずな書店)
  • 一億人の英文法  (東進ブックス)
  • ジーニアス総合英語 (大修館)

Evergreenは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

どれも600~700ページある本ですが、内容は大きな差はないのでどれか一冊気に入ったものを選びましょう。

すべてを完璧にこなす必要はありませんが、辞書がわりに利用して、できるだけマスターしておくことが点数アップにつながります。

まとめ:明治大学【商学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。

そして、英検2級・センター試験6~7割は早めにクリアしておきたいところです。

明治文学部は単語・文法で差がつきます。また、単語文法がしっかりしていれば、読解もとけるようになります。

単語集・文法書はできる限り多くの項目をマスターするようにしましょう。

演習量は明治他学部・駒沢過去問をカバーすれば、かなりの量を確保できます。

また、他のマーチ過去問も参考になります。大まかにいえばマーチ英語は同レベルですが、立教がやや難しく、その先に早稲田慶応があります。