【part 1】

Now in this part, I’d like to ask some questions about yourself.

Let’s talk about …

最初に受験者本人に関するごく簡単な質問です。たとえばどこに住んでいるか等、あまり深く掘り下げることはありません。

そしてごく一般的な質問が続きます。食べ物とか天気とか。トピックは3~4つくらいです。

 

【part 2】

Now, I’m giving you a topic, and I’d like you to talk about it for one or two minutes.

Before you talk, you have one minute to think about what you are going to say, and you can take some notes if you wish.

Here’s paper for notes and here’s your topic. I would like you to talk about / describe ….

Okay, you remember you have one to two minutes for this, and don’t worry if I stop you. I’ll tell when the time is up.

トピックが一つ、考える時間が1分、話す時間が1~2分与えられます。

トピックは、最近買ったものややってみたい仕事等、個人的なものです。

最後に、話したトピックについて簡単な質問がされます。

 

【part 3】

We’ve been talking about ….

I would like to discuss with you one or two more general questions with you related to this topic.

Let’s consider first of all …

「~についてどう考えるか」といった質問がなされます。環境問題とか国際情勢とか、パート1・2の個人的な話とは違って一般的なトピックとなります。対話形式で進み、試験官の質問内容は受験者の英語レベルに応じて変化します。

 

【Evaluation】

採点はパート1~3全体に対してなされ、以下の4つの面から評価されます。

受験者は評価のために十分な量の英語表現をする必要があります。質より量とまでは言えませんが、たくさん話すことは重要です。

– fluency and coherence, 

– vocabulary range and accuracy

– pronunciation

– grammatical range and accuracy

 前置詞 preposition、不定詞 infinitive・分詞 participle、関係詞 relative

 接続詞 conjunction、分詞構文 participle syntax、仮定法 hypothetical (if-clause)

 

sample questions    evaluation form

 

 

※ 作文の書き方

・4段落構成

 Introduction (60 words) → Body 1 (100) → Body 2 (100) → Conclusion (40)

 Body1とBody2の視点は、なるべく違ったものにする

・Body の書き方

 意見(序論) → 言い換える・掘り下げる

 (a) 例示: 身近なことー自分・家族・友人・知人(In my case, ~)

 (b) 例示: 一般的なことー新聞・テレビ・ネット情報(On TV or newspaper, I often hear that ~)

 (c) 反例: もしそうでなければ(If it’s not the case, ~)

 (d) 影響・効果: 将来に関して、他地域に関して(In the (near) future ~, In other countries ~)

 意見(結論)

 序論2文 + a~dの中から2つ×3文 + 結論2文 = 合計10文

 まず日本語で考える、次に長めに英語で置き換える、一文平均10語