ゲーム理論を公共財に応用したのが、自発的支払メカニズムとピボタルメカニズムです。

詳しくは下の「解説」に書かれています。

あまり難しい算式はでてきませんが、一般化しようとしてわかりづらい表現になっています。(よくあることですが)

 

具体例を挙げるとすると、市役所が保育園を作るとして、近隣住民の反応は以下のようなものが考えられます。

 ・就学前児童を持つ共働き世帯は大歓迎

 ・こどもが好きな人は歓迎

 ・保育園ができるとざわつく、うるさいから迷惑

このような利害調整をモデル化したものです。

 

解説(ファイル リンク

問題

解答