「公立高」は中高一貫校ではなく、先取り学習がない学校の意味で使っています。(最近は公立中高一貫校も増え、公立高でも先取りは増えているかもしれませんが)

現役合格を目指す場合、先取り学習は非常に重要です。2年までにひととおりおわらせて、3年は志望校の過去問演習、難関校ほど応用問題が出題されるので、出題傾向に応じた応用問題対策にかける時間が長くなります。

 

理系で力を入れる科目は英・数・理となりますが、どれもまんべんなく先取りできる訳ではありません。

数学: 積み上げ式で、ある程度学校で習った内容が積み上がっていないと先取りが困難です

    ⇒学校で進んだところまではしっかり学習しますが、先取りは2年で力を入れます

理科: 科目は化学・生物のことが多いのですが、どちらも暗記が多く、高1で覚えても高3では忘れます

    ⇒定期テスト前に暗記より理解に力をいれて学習し、3年で力をいれます

という訳で、高1では英語に力をいれます。高2・3で数学・理科にあてる時間を作るためにも、高1のうちにできるだけ英語を進めておくことが重要です。

 

受験英語は極論すれば授業は関係ありません。単語がどれだけ覚えられるか、にかかっています。少し考えて出てくるのではなく即座に出てくるようになるまでしっかり覚えることが重要です。あちこちで思い出すのに時間がかかっていると、試験時間内に回答することが難しくなります。

覚えた単語がしっかり身についたかを確認するためには、読解問題を解きます。レベルごとに進められる英検が最適で、高1のうちに英検2級クリアが目標です。単語暗記+読解が中心です。

文法・作文は暗記量少なく、やっているうちにできるようになります。数が多く時間のかかる単語暗記に比べれば負荷はかなり少ないので、高2以降からでも大丈夫です。

新試験では4技能が試されますが、対策はかわりません。スラスラ読めるようになれば、聞けます。スラスラ書けるようになれば、話せます。どちらも基礎になるのは単語と文法ですが、単語は文法よりもはるかに覚える量が多く時間がかかります。

                        

単語帳は Duo Select(アイシーピー)を使っています。単語はこれだけで最難関大にも対応できます。出題頻度の少ない単語をたくさん覚えるより、重要単語を確実に覚え、珍しい単語は読解力で推測して補うことが効率的です。

文法書はEvergreen(いいずな書店)を使っています。分厚い本ですが、すべてやる必要はありません。受験で問われる文法は特定・限定できます。早稲田等一部難関校はかなり細かい出題がありますが、こちらは志望校に合わせて直前暗記で充分です。

⇒ホームへ戻る