このページでは、青山学院大学国際政治経済学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

青山学院大学【国際政治経済学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 青山学院大学政治経済学部の合格をめざしている方
  • 青山学院大学政治経済学部で高得点を取りたい方
  • 青山学院大学政治経済学部の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 青山学院大学政治経済学部で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • センター・ニッコマレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 青山学院大学他学部の受験を考えている方(難易度はほぼ同じで出題傾向には類似性があります) etc

青山学院大学国際政治経済学部合格率アップのための最新情報

慶応大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、青山学院大学英語入試専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は早稲田大学入試対策専門のオンライン指導塾「エコールゼミ」で、生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの青山学院大学国際政治経済学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

出題形式は一定しています。

第一問 英文日本語要約 150語程度の英文を100字程度の日本語に要約します

第二問 自由英作文 60語程度

第三問 読解問題 150~200語の英文が三つ出題され、それぞれ二問選択肢問題に答えます

第四問 長文読解 600語程度の文章について、10の文が内容に合っているかいないかを答えます

第五問 長文読解 600語程度、選択肢問題が8問程度出題されます。

第六問 長文読解 250語程度、空欄補充ですが単語文法よりも読解の力が問われます。

それぞれの文章はさほど長くはありませんが、問題数は多めで、日本語要約・英作文もあるので、90分という少し長めの時間を考慮してもスピードと正確さが要求されます。

なお、3科目350点中150点の配点がありますので、英語は最重要科目です。

過去問解説および解答のヒント

入試対策においては、青山学院大学国際政治経済学部の入試英語の過去問を解くことも有効です。

それによって、出題傾向をつかむことができ、入試問題に慣れることができます。

では、ここからは2018年の英語入試問題から過去にさかのぼって、問題の解説および解答のヒントをお伝えしたいと思います。

2018年 問題 メモ

Ⅰ 日本語要約 ー cohesiveness and groupthink

カギになる文章は三つあり、訳してつなげると要約になります。

①1行目 the attachment members feel ~

②9行目 the tendency not to ~

③14行目 Members made it ~

「凝集性とは、集団の構成員が構成員同士、集団あるいは任務について感じる愛着心である。集団浅慮とは意思決定のすべての側面を充分に検討しなくなる傾向を言う。キューバ・ピッグス湾事件において、異論を述べることは難しい状況であった。異論は忠誠心のなさととられたことがお粗末な意思決定につながった。」

Ⅱ 英作文ー東京オリンピック開催の是非

I’m for holding the 2020 Olympics in Tokyo. 

One reason is simply that it’s interesting. We can watch real performance of top players from all over the world.

Another reason is that it will make Tokyo more popular than ever. We can expect more tourists in Tokyo. It has good effect on our business and economy. 

Ⅲ 読解

A crucialー重要な 1C-We owe it to ~ 2b-countries that offer~

B 1aーbはallではなくmany、cはlargestではなくfastest growing 2b-23%>one fifth 五分の一

C privilegeー特権を与える adoptー取り入れる deterー抑止する 1b 2b

Ⅳ 長文読解「食欲と脳」

P1 take stockー在庫を調べる feastー宴会・ごちそう P9 suppressー抑圧する P10 firmー確実な

1T 2F 3T 4T 5F 6F 7Fー150 kinds ではなく 150 photos 

8Tーdistinct はっきりした・区別できる 9T 10F

Ⅴ 長文読解「先進国と途上国の格差」

P1 diverseー多様な encompassー包括する controversyー対立 constituteー構成する

P2 unevenー不均一な stem fromー~に由来する legacyー遺産 colonialismー植民地主義

P3 underwayー進行中 P4 primary productsー第一次産品 stagnateー停滞する terms of tradeー取引条件

P6 persistー持続する consequenceー結果  P7 exploitー利用する solidarity-団結 concessionー妥協

P8 divergenceー分岐

1b 2c 3b 4a 5c 6cーhesitant≒wary 7b 8c

Ⅵ 長文・空欄補充「正確な文章の重要性」

P4 courtesyー礼儀正しさ、courtは宮廷・法廷

1e 2j 3i 4g 5a 6c 7f 8d 9h 10b

2017年 問題 メモ

Ⅰ 日本語要約ーグローバル・ガバナンス

 カギになる文章は次の二つです。

 4~6行目 Good governance means ~

 12~14行目 Thus, global governance is ~

「よいガバナンスとは、必ずしも法規・規範がよいことを意味するものではなく。状況がよく管理されていることを意味する。グローバル・ガバナンスとは国際的な合意形成の過程であり、それは政府や国際的企業に影響を与える協定を生み出す。」

Ⅱ 英作文ー学んでみたい第二外国語

I’d like to study Italian language.

I am interested in the history of Roman Empire. I’d like to read history books written in Italian.

Another reason is that my dream is to visit a restaurant in Italy and order dishes by myself.

So, learning Italian is important to me.  (60語以内)

Ⅲ 読解 

A herdー群れ leisureー余暇 carveー彫る  1b 2aーthe simplest way to record ~

B massー量 aside fromー~とは別に immuneー免疫 blood vesselー血管 1c 2c

C depressionー不況 vicious spiralー悪循環 1a 2c

Ⅳ 長文読解「人間の社会性」

P2 an array ofー一連の equivalentー等しいもの primateー霊長類

P3 collective cognitionー集団認知 P5 exclusivelyー排他的に impartー発する

P7 pretend playーごっこ遊び endowー与える

1F 2F 3T 4T 5T 6F 7T 8T 9T 10F

Ⅴ 長文読解「日本企業の国際化」

P1 accommodateー収容する amid-~の最中  P2 workshopー研修  P4 emphasizeー協調

P5 intensifyー激化する  P6 anthropologistー人類学者 contextual cueー文脈的手がかり

P7 raiseー昇給  P8 enhanceー拡大する comprehendー理解する

1a 2c citeー引用する 3b 4b vitalー重要な 5c 6a 7b 8c

Ⅵ 長文読解・適語選択「女性の土地勘」

P1 hinderー妨げる  P3 stem fromー~から生じる liftーもちあげる、この場合「取り去る」

1g shed light onー光をあてる 2d 3f 4j 5i 6b 7e as though=as if 8c 9a 10h 

2016年 問題 メモ

I 日本語要約ー外来語に対する誤解と外来語の利点

unprecedentedー前例のない influxー流入 fallacyー誤解 semanticー意味的な

これらの単語は知っておくに越したことはありませんが、知らなくても要約は可能です。

「借用(外来語)を伝統的な言語への攻撃と考える人がいる。しかし、外来語によって言語の性格が変わることはわるいことではない。外来語は言語を豊かにし、より細かな表現を可能にする。」(88字)

Ⅱ 自由英作文ーなってみたい人物

I would like to be Monet, a great French painter.

I have seen his real paintings in museums several times. They are so great that I feel they are more real than actual scenes and photos. 

I would like to depict various kind of things like him and hear people’s impressions on the drawings all over the world. (58語) 

Ⅲ 読解

A knackーコツ bumpyーでこぼこした 1a composerー作曲家 2a comprehendー理解する

B decryー非難する adoptionー採用 reinforceー強める 1a 2c regardless of = whether ~ or ~

C second (only) toー~に次いで  heritageー遺産 1c 2a

Ⅳ 長文読解「ペットの人間にとっての重要性」

P2 stand outー目立つ  P5 adversityー逆境 bereavementー先立たれること peerー仲間

P6 confideー信用する・打ち明ける siblingsー兄弟姉妹  P11 quantifyー数値化する

1T 2T 3F 4F 5Tーdifficulties=adversity 6F 7T 8F 9F 10T

Ⅴ 長文読解「社会的関係と疾病」 

P1 chronicー長期の integrationー統合 P2 excessiveー過剰な P7 jeopardizeー危険にさらす

1c serveー役に立つ  2a longevityー長生き  3b 4c 5b 6a 7c 8b

Ⅵ 長文読解「人間の思考の偏りについて」 

upholdー支持する 

1b 2i 3d 4e 5c previouslyー以前 6f 7a 8h 9j 10g

青山学院大学国際政治経済学部:入試英語対策の重要ポイント!

出題される問題文の分野を見てみると、社会科学(政治経済等)が多く、次いで人文科学、自然科学はあまりでません。

社会科学・人文科学について書かれた文章に、和文英文問わず、日ごろから慣れておくことが重要です。

入試英語で、高得点を取るためには?

レベル的には 英検2級→センター試験→駒沢過去問→青山国際政経 という位置づけです。

駒沢大学の入試問題はセンターよりやや難しめのオーソドックスな問題が多いので、標準問題集的な使い方が可能です。このレベルがクリアできれば、青山・国際政経の問題も解いていくことができます。

読解力をつけるには、過去問をどんどん解くようにしましょう。それから、青山特有の日本語要約・自由英作文問題にも対応する必要があります。

青山他学部の入試問題も参考になります

青山学院大学は、学部ごとに傾向形式同じという訳ではありませんが似ている部分は多く、また難易度は同レベルであるため十分参考になります。日本語要約・自由英作文の練習にもなります。

少しやさしめなら駒沢大学あるいは成城・成蹊、同程度なら明治の商・政経、難しめなら慶応商、早稲田の商・政経です。

ちなみに、上記の順番で問題が難しくなっています(あくまで、偏差値ではなく問題の難しさです)。また、傾向形式も若干異なります。

この順番で過去問を解いて行くと、無理なく英語力の向上が期待できます。

さらには、読解力を中心とした青山学院大学国際政経学部の入試英語対策にもなります。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen (いいずな書店)
  • 一億人の英文法  (東進ブックス)
  • ジーニアス総合英語 (大修館)

Evergreenは長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。どれも600~700ページある本ですが、内容は大きな差はないのでどれか一冊気に入ったものを選びましょう。

青山合格のために全部完璧に理解暗記する必要はありませんが、8割程度はマスターしておく必要があります。

まとめ:青山学院大学【国際政治経済学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。

そして、英検2級→センター試験→駒沢過去問で6~7割の正答をめざします。

その後、過去問で力試しをしてみてください。

青山学院大学国際政経学部だけでなく、このページで挙げた他大学の過去問にチャレンジすることも効果的な入試対策になります。

そうなると、過去問だけでもやれる問題はたくさんあります。

たくさん・どんどん・何度も過去問で、入試英語対策を行いましょう!