700~800語の読解が三問出題されます。長くはないのですが、読みにくい文章がよく出題されます。

長いがまあ読める明治より、短くて読めない法政が苦手という人はいます。

過去問で読みづらい個所の文法・構造を分析し、和訳を繰り返すことが対策になります。

2018年

(A方式)文・経営・人間環境

Ⅰ Tiny house movement、特に難問は見当たりません。

Ⅱ 変化の激しい現代社会、

Ⅲ 精神分析ー内なる自己と外なる自己。人文社会的トピックでやや読みにくい文章です。

2017年 

(A方式)文・経営・人間環境 メモ

Ⅰ 高齢者とペット 問2・6 「最も適切な語」を選びますが、内容は読解問題です。

Ⅱ 行列と待ち時間 問7が文法以外はすべて読解問題です。 

Ⅲ 米国の加工済食品 問2・4・6 よみづらい箇所と選択肢も少し微妙で難しいかもしれません。

2016年 メモ

(A方式)文・経営・人間環境

Ⅰ 英語で読む日本文化 1空欄補充(7)が読解(9)は珍しい用法で消去法、2英作文は直前の副詞節は無視すること

Ⅱ フランスとアメリカの食文化 読解後半部分(第5~7段落)難しくなります。問6-英作文、難しいでしょう。

Ⅲ 小説風会話文 小説らしく、少し「行間を読む」ことが求められます。

2015年 メモ

Ⅰ 食品冷蔵の歴史 問3-英文法、問4-英作文が難しいでしょう、読解はそれほどでもありません

Ⅱ 性格・行動評価の子供への影響 文章は長めなのですが、ひねった問題はないので読めればとけるでしょう

Ⅲ 言語と集団・個人で考えること 問1-5つの文章の順番を並べますが、形式はなれておいたほうがいいでしょう。

2014年 メモ

Ⅰ 外国人家族が見た成田→東京の風景 (10)pictureに「写真を撮る」という意味はありません (12)if anything どちらかといえば

Ⅱ スーパーマーケットの品揃え 3-A・Bどちらも文の構造難しめ 1・7-選択肢と問題文との照合作業に手間取ります

Ⅲ 音楽の聴力に与える影響 6-使役動詞have 8-in the face of 「~のために」ではありませんが意味は通ります 10-dはかなり表現を変えています

2013年

Ⅰ ローマへの旅 文章後半はわかりづらい表現・内容です。たとえば(5)It could not be otherwise.「そうでないことはあり得ない」

Ⅱ 最後通牒ゲーム 3(1)空欄は最初の方にありますが、最後まで読まないとわかりません

Ⅲ アジア人・ヨーロッパ人の心理特性 4protagonistsわからなくても文脈でわかります 7dーbroadをcomprehensiveに言い換えています。