このページでは、明治大学文学部の英語入試の過去問をくわしく解説しています。

そして、出題傾向および、その対策方法・効果的な勉強法なども紹介しています。

明治大学【文学部】英語入試過去問の解説

つぎのような方は、このブログを参考にしていただけると思います。

  • 明治大学文学部の合格をめざしている方
  • 明治大学文学部の入試英語で高得点を取りたい方
  • 明治大学文学部の入試英語の過去問について、くわしい解説が知りたい方
  • 明治大学文学部の入試英語で高得点を取るための効果的な勉強法を知りたい方
  • 明治大学で他学部の受験をお考えの方(明治大学の入試は、共通のカラーがあります)
  • ニッコマレベルから英語力をさらに向上させたい方
  • 長文読解力を磨きたい方(明治大学文学部は、よく練られた英語長文問題です) etc

明治大学文学部合格率アップのための最新情報

早稲田大学英語入試専門オンライン指導 エコール・ゼミ塾長 広松一郎はじめまして、明治大学入試英語専門オンライン受験指導学習塾「エコール・ゼミ」塾長の広松一郎と申します。

私はもともと、大学卒業後、某上場大手企業に10年間勤務し、その後、海運業の外資企業に22年勤務しておりました。

外資での仕事では、財務分析・市場調査等で数学を使って分析し、それを英語でレポートすることが日常業務でした。

そのような経験を経て、現在は、当塾で生徒さんたちと合格に向けて、日々、勉強に取り組んでいます。

入試は、人生を大きく左右する、ビッグイベントのひとつです。

そのため、合格をめざして真剣にそして入念に有益な情報を探して、受験勉強に活かしておられることと思います。

そこで、あなたの明治大学文学部合格を応援すべく、私が知りうる合格のための情報を、あなたのお時間が許す範囲内でご覧いただける内容にまとめました。

きっと読むだけでも、点数アップ・偏差値アップ・合格のヒントをつかんでいただけると思います。

出題形式および傾向

例年、Ⅰ・Ⅱが適語補充問題、Ⅲ~Ⅴが長文読解です。

長文読解はⅢ・Ⅳが1000語程度、Ⅴが300~400語程度です。60分という時間を考えるとスピードが要求されます。英検2級やセンター試験よりはやや難しいレベルです。

問題はすべて選択肢です。単語文法はⅢ~Ⅴでも出題され、単語文法:読解=5:5~4:6くらいの比率です。選択肢はまぎらわしいものも多く、正解はピッタリ合うものではなく、他の選択肢と比較してマッチ度の高いものを選ぶような出題もよくあります。

文学部ならではの出題

明治英語(というより私大英語共通)の傾向ですが、その学部で学習することになるテーマがよく出題されます。

文学部の場合、人文科学的なテーマ、例えば歴史や社会・文学・小説について書かれた文章がよく出題されます。

まずは、このレベルの英文が読めるようになることが大切です

わかりづらいところは、文法・構造を把握し和訳しましょう。

それをくり返すことで、早く読めるようになります。

また、明治大学の他学部の英文もレベル的には似通っています。

法・政経・国際日本がやや難しく、他は一般入試も含めて同レベルです。

 

2018年 問題 メモ

Ⅰ 空欄補充

1 terms: on good terms withー~と仲がいい =keep up with

2 account: account forー~を説明する

3 much: not so much as Vー~さえしない 

Ⅱ 空欄補充

1 regretful: pass awayー死去する  2 folded: 過去分詞で直前の名刺を修飾

3 come: come what mayー何があろうと  4 successionー連続

5 versed: well versed inー~を熟知している  6 seized: high timeー仮定法現在条件節と考えます

7 knowledge

Ⅲ 長文読解「ロンドンの小売業に革命をもたらした男」

問1 (ア)(A) instrumentalー形容詞で「手段になる・助けになる」ですが、ここは文脈で推測します。

(イ)(A) flairー才能・優雅さ、文脈でわかります、flareー炎 とは違うので注意

(ウ)(B) successorー後継者、successー成功  (エ)(C) indulgeーふける・没頭する

(オ)(D) instructー指示を与える

問2 (あ)(A) (い)(D) (う)(B)

問3 (D) 傍線(1)のある第6段落の要旨が答えとなります。 

問4 (E) 第7段落 his aircraft was put on display at Selfridges

問5 (C)  問6 (E)  問7 (D)  問8 (A)  問9 (E)

Ⅳ 長文読解「英語コミュニケーションにおけるネイティブスピーカーの問題」

P1 contradictoryー矛盾する  P2 abbreviationー短縮語  

P3 irritationーいらだち at face valueー額面どおり  P4 gistー要点

問1 (ア)(E)  (イ)(A) consequenceー結果、ですがここは読解と消去法です  (ウ)(B)

(エ)(B) formerlyー以前は、at one timeーあるとき・一度に、at the momentー現在・ちょうどその時 →まぎらわしいです

問2 (あ)(E)  (い)(A)  (う)(B)

問3 (1)(B)  (2)(B) literalー文字通りの=at face value  (3)(C)  gist=main point  (4)(E)

問4 (D)  問5 (A)  問6 (A)  問7 (E)  

V 読解・空欄補充「鳥のお医者さん」

問1 1(C) 2(D) 3(B) 4(E)   問2 (E)

2017年 問題 メモ

Ⅰ 空欄補充

1likely: be likely to  V-~しそうだ  2 feel: feel like Ving―~したい気分だ

3 difference: make no difference―違いがない

Ⅱ 空欄補充 

1need 2applicant―申込者・応募者 3granted 4conclusion 5refugee―避難者 6permitting 7come

Ⅲ 長文読解「BBCの先祖を調べる番組」

P3 intriguing―興味を引く aristocratic―貴族の P5 peasant―小作人

問1 (1)B (2)E endure―耐える、suffer―苦しむ (3)A (4)B 

(5)E renounce―非難する (6)D inherit―相続する・受け継ぐ (7)C

問2 1C 2B 3A 4E 5D 6D

問3 C exotic―異国≒foreign

問4 E

Ⅳ 長文読解「日本野球の歴史」

問1 (1)E take root―根を張る (2)E (3)C (4)C (5)A (6)B (7)B

問2 (ア)C (イ)B (ウ)D (エ)B

問3 C  問4 D Horace Wilson✖→Hiraoka〇  問5 C all✖→part〇

問6 C

Ⅴ 会話文空欄補充

 frequency―この場合「周波数」

1A 2D prey―獲物・犠牲 predator―捕食者 3C impaired―損なわれた 4B 5E

2016年 問題 メモ

I 空欄補充

1saying  2less  3Why: Why don’t you~?-~しませんか

Ⅱ 空欄補充

1whom:  riot―暴動 bystander―傍観者 2containing 3definition 4had―仮定法過去

5convinced 6carrying 7employees―複数形となることに注意

Ⅲ 長文読解「スミソニアン財団」

この問題はけっこう難しい単語が並んでいます。

P2 turbulenceー動乱 upheavalー混乱  P3 phenomenaー現象 venomー毒 constituentsー構成物

brassー真鍮 clauseー条項 willー遺言 found-設立する diffusionー拡散

P4 estateー財産 speculateー推測する legacyー遺産 philanthropyー博愛主義 bequestー遺産

問1 (1)B illegitimateー違法な  (2)B  (3)C criticalー重要な・批判的な(多義語)

(4)E fortuneー幸運・富(多義語) (5)A  (6)C  (7)C

問2 1D  2B  3D  4B  5C  6C  問3 E  問4 A

Ⅳ 長文読解「脳と学習」

P1 expertiseー専門性  P2 foster-育てる  P4 subsequentー続く・次の 

P5 modestー穏便な  P8 complimentーあいさつ

問1 (1)A  (2)A  (3)E  (4)B  (5)B inhibitー禁じる  (6)D involvedー関与する、ですがここは文脈  (7)C

問2 (ア)E  (イ)C  (ウ)D modest=not very much  (エ)E

問3 C  問4 D  問5 C  問6 C 

Ⅴ 会話文空欄補充

arrogant―傲慢な  1A 2B ingredient―材料 3E 4D 5C sum up―まとめる

明治大学文学部:入試英語対策の重要ポイント!

Ⅰ・Ⅱで単語文法について、小問が10問ほど出題されます。

Ⅰは選択肢ではなく、単語をひとつ答えます。また、Ⅱは言葉の派生語を回答します。

Ⅲ~Ⅴの読解問題でも、単語文法は問われます。指導経験からは単語文法で差がつくことが多いように感じます。

ピンポイントで聞いてくる文法に比べて、読解問題はヒントや手がかりが多いのが理由です。また段落順に解いていける問題が多いことも読解が比較的解きやすい理由といえます。

入試英語で、高得点を取るためには?

基礎力として英検2級程度、センター試験6~7割程度が要求され、早くこの水準に到達することが必要です。

読解力をつけるには、過去問をどんどん解くようにしましょう。明治大学他学部の問題もいい対策になります。

また、いきなり明治大学文学部の過去問を解くことが厳しいと感じたら、段階的にレベルアップするのも効果的です。

特に駒澤大学の過去問はセンターレベルの次の読解・文法単語問題が網羅されており、受験対策問題集として活用できます。一年に五つの日程で試験がありますので量もたくさんあります。明治文学部の準備としてもいい教材です。

おすすめの教材

まずは、何と言っても「単語」・「文法」です。

単語は、文章の中で覚える下記のモノがおすすめです。

  • Duo 3.0 セレクト (アイシーピー)
  • Duo 3.0 (アイシーピー)
  • 文で覚える単熟語 2級 (旺文社)
  • 文で覚える単熟語 準1級 (旺文社) etc

つぎに、文法書は頼りになるものを一冊準備しましょう。

  • 総合英語Evergreen (いいずな書店)
  • 一億人の英文法  (東進ブックス)
  • ジーニアス総合英語 (大修館)

Evergreenは、長年文法書のスタンダードだったForestの後継書です。

どれも600~700ページある本ですが、内容は大きな差はないのでどれか一冊気に入ったものを選びましょう。

すべてを完璧にこなす必要はありませんが、辞書がわりに利用して、できるだけマスターしておくことが点数アップにつながります。

まとめ:明治大学【文学部】英語入試過去問の解説

まずは、単語・文法をしっかり覚えることからはじめましょう。

そして、英検2級・センター試験6~7割は早めにクリアしておきたいところです。

明治文学部は単語・文法で差がつきます。また、単語文法がしっかりしていれば、読解もとけるようになります。

単語集・文法書はできる限り多くの項目をマスターするようにしましょう。

演習量は明治他学部・駒沢過去問をカバーすれば、かなりの量を確保できます。

また、他のマーチ過去問も参考になります。大まかにいえばマーチ英語は同レベルで、立教がやや難しいれべるにあり、その先に早稲田慶応があります。