長文読解が三題、英作文が二題出題されます。

長文読解の特徴としては学術論文的な内容ばかりで、論旨が明確で、よみやすい文章です。問題もオーソドックスなものばかりです。

英作文は英訳一題と自由英作文が一題、自由英作文は100~200語ほど求められていると推測され、相当な書く力が求められています。

この内容で時間100分は決して長くなく、思考力とスピードが要求されます。

2018年

Ⅰ・Ⅱは若年者の飲酒について、Ⅲは死刑制度の是非についでの文章です。

Ⅳが和文英訳、Ⅴが問題Ⅰ~Ⅲのいずれかをテーマとした自由英作文です。